先日アマチュア無線の免許をとって開局しました。

アマチュア無線97閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

リンク先とても参考になりました 指向性の変化によって3λ/4の長さのアンテナを用いないというところまでは理解できました。 ですが指向性が何によって決まるのか理解できていないためまだモヤモヤしています。長さで変わるということは電流分布が影響するのでしょうか?

その他の回答(6件)

0

アマチュアのアンテナ設計https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p767112187 ・・・今や、ヤフオクでしか買えなくなったけど。 あと、MMANA・・・という、アンテナシミュレーションのアプリが決行中面白い! どんな形でも、一応解析してくれる!

0

開局当時 高校生であり お金もない 自分出来るのは?と思い アンテナハンドブック見ては 勉強し 自作し どこまで飛んでくれるのか やったものです。 昔は144などが普及し始めた頃 今はどうかはわかりませんが 5/8 結構あり モービルなどはよく目にしました。 私見的には 長さもあり 車などでは ルーフ取り付けになると 邪魔になる事もあり パンパ―取り付けが多かったと記憶し 給電点が低い事もあり このようなサイズにし ゲインを稼いでいた そんな気がしてます

1

難しい理論は省きますが、3/4波長の長さのアンテナは大地に対して45度くらい上空に強く電波を発射し、水平方向に発射する電波はあまり強くありません。強くないという事は遠くまで電波が届かないという事です。 一方5/8波長のアンテナは水平方向に強く電波を発射し、上空方向には余り発射しません。水平方向に強く発車するという事は電波が遠くまで届くという事を意味します。 なお市販の垂直アンテナには様々な長さのアンテナが有りますが、水平方向に強く電波を出すように中間にコイルを入れるなど様々な工夫をしてあります。

1人がナイス!しています

1

5/8=1/2+1/8 です。ちょっと乱暴な近似ですが、λ/2のアンテナにλ/8のヒゲをつけた物と考えてください。 λ/2の部分から出た電波とλ/8の部分から出た電波が干渉し合って、ある方向へ輻射される電波が強くなります。つまり利得が生じます。中途半端な長さにするのは、ゲインを稼ぐためです。 長さが中途半端なので、アンテナは共振しません。そこで、コイルやコンデンサを入れて整合します。整合(マッチング)というのはインピーダンスや周波数が合っていないアンテナに無理にエネルギーを送り込む仕組みです。

1人がナイス!しています