俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーさんはイギリス英語ですか?

補足

それと訛があるようにも聞こえます

外国映画 | 英語47閲覧

ベストアンサー

0

実は殆どを吹き替え版で鑑賞してきましてここ4~5年でUSAに旅行する機会が増え、英語の学習のために原語+英語字幕で観るようになってその訛に気が付きました。 初期1984年“ターミネター”と新しい2015年“ジェニシス”を比べると、後者ではその訛がまし、になってるようにも聞こえます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:10/26 22:16

その他の回答(3件)

2

コテコテのオーストリア訛りのドイツ語英語です。 彼がデビューしたてのころは、アメリカ人の声優が彼の台詞をボイスオーバーしていたくらい訛りがひどかったです。

2人がナイス!しています

デビュー当時。 私は“コナン”以後を知ってますが、そんなにひどかった!?(笑) 一度観てみます。 下の方の返信に書いたように『ジェニシス』では少しは改善されたようですが、相変わらず流れに乗らないと言うか“ダ・ダ・ダ・ダ”と、何と言うか途切れる英語ですね。

2

【アーノルド・シュワルツェネッガー生い立ち】 オーストリア・シュタイアーマルク州タール・バイ・グラーツ出身。 警察官のグスタフ・シュヴァルツェネッガー(英語版)(1907 - 1972)と、アウレーリア・ヤドルニー(1922 - 1998)の間に生まれた。 父グスタフはナチス党員。戦中は陸軍の憲兵隊員だったが、アーノルドが生まれる3年前にマラリア感染のため除隊している。 グスタフはカーリング競技のチャンピオンであったためアーノルドもスポーツに強い関心をもち、サッカー、陸上競技、ボクシング、水泳などを習う。1962年にウエイトトレーニングを始める。 その後、母国オーストリアの徴兵でオーストリア陸軍第四戦車大隊に配属され、史上最年少記録の18歳で戦車兵として任務に就いていた。 基礎訓練期間中にジュニア・ミスター・ヨーロッパ大会で優勝するも、このコンテストに参加するために無許可離隊を冒したため、一週間の収監処分を受けている。 1968年に本格的にボディビルをするためジョー・ウイダーに誘われ渡米、アメリカ合衆国に移り住む。英語が流暢でなく、当時の所持金はわずか20ドルであった。83年にアメリカ国籍を取得したが、オーストリアの国籍も継続して持っている。 1979年にウィスコンシン大学から国際市場と経営管理に関してB.A.(Bachelor of Arts)を得た。 また、UCLAにも通っており、こちらでは心理学を専攻していた。 朝にトレーニングをしてから大学に行き、帰宅したらトレーニングをする日課があり、勉強とトレーニングを両立させる毎日を過ごしていたという。

2人がナイス!しています

3

オーストリア(ドイツ語圏)出身なのでかなりドイツ語なまりの強い「英語」です。普通のアメリカ人が聴くとすぐに外国人もしくは移民の話す英語だと認識されるレベルです。

3人がナイス!しています