ID非公開

2020/10/27 1:02

1111回答

高校3年生です。

高校3年生です。 学校の先生をめざしています。 数学の教師をめざしているのですが、志望校への成績が足りず大学に落ちてしまいそうです。 入試で、勉強だけではなく実技も含む教育系の学部を調べたところ、音楽の先生になるための学部がありました。 音楽の先生になったら、将来就職口はありますか? 数学の教師だと、塾の講師など教師以外にも道はありそうですが、音楽の先生にはありますか? 総合的に、数学の先生とどちらが就職しやすいですか? 元吹奏楽部(フルート)で3ヶ月前まで楽器(サックス)を習っていたので音楽は好きです。

ベストアンサー

0

こんにちは! 上越教育大を出て、中学校音楽教師になりました。 数学の方が需要はあるかと思いますが、年や場所によっても全然違います。高校の教員でしたら数学の方が良いかもしれませんね。高校音楽は募集ない年もかなりありますので。 これから団塊の世代が抜けていけばどちらにせよ就職はあると思います。 上越教育大では数学の免許も音楽の免許も同時取得が可能かと思います。かなり授業詰め詰めになると思いますが… 小学校免許と専科の中高免許が取れます。 試験はセンター重視で、ピアノの試験などもなく、実技は音楽、体育、美術から一つ選択で、それほど難しくないです。 音楽コースでしたが、私も塾講師として数学、英語、社会を教えていました。塾講師でバイトしてると教員採用試験の時も役立ちますよ。5科目出題されますので。 私は今は教員を辞め、海外で吹奏楽を教えています。 なので、音楽の教員免許取っておいて良かったなーと思いました。 もし興味があればですが(^^; 参考になれば幸いです。

ちなみに、私はピアノ苦手で、ピアノの先生にもこれで教採受かったら奇跡と言われるほどでした。 ピアノは教員になってから練習して、コード伴奏一択でしたので、今できなくても大丈夫ですよ^ ^

その他の回答(10件)

0

ピアノは弾けますか?教育学部の入試でもピアノは必修です。 音楽の教員の採用試験は倍率10倍以上の難関です。採用試験に受からない人がほとんど、落ちた人は非常勤講師をして来年の採用試験を目指すか、そこから就活するか、当然数学の教員の方が募集人数が多いので就職しやすいです。

0

回答させていただきます。 音楽の教員の採用試験は平均競争倍率5倍ですから、教員全体の競争倍率とほぼ同じです。 大学の現役学生が、全員、教員採用試験に合格するわけではありません。 現役大学生合格率3割 平均受験回数3回 結構、教員になるのは大変です。 だから他の道も考えますよね。 教員以外なら、数学は塾の講師ですが、音楽なら、楽器店など経営する音楽教室の先生でしょうか。 教師は、採用試験に合格してなれるわけですから、教員免許を取得しても別の道に進むならと表現した方がいいでしょうね。 それは、個人の能力や努力によるところが大きく、どちらが就職しやすいとは言えないと思います。 どんな道に進むにしても、本人が能力を磨き努力することだと思います。 まずは大学に合格するべく頑張りましょう。

0

就職しやすいのは、採用レベルと質問者さんの実力次第です。 確実に採用を目指すのであれば、数学の高校の教員であれば、旧帝大の数学科程度、最低でも上位国立大学卒程度の学力が必要に思います。 音楽の場合は採用が少ないので、ライバルたちよりも能力が優れていたら採用されますし、劣っていたら採用されません。 音楽が好きというより、専門家か、プロに近いレベルかどうかだと思います。 日本有数の音大に進学することが可能かどうかで判断されたらいかがでしょう。

0

「音楽の先生になったら、将来就職口はありますか?」 「総合的に、数学の先生とどちらが就職しやすいですか?」 →数学教員の方が需要は大きいです。 「数学の教師だと、塾の講師など教師以外にも道はありそうですが、音楽の先生にはありますか?」 →ありません。 まずピアノ弾けますか?音楽教員は必須ですよ。

0

音楽の教員免許と数学の教員免許を比較して、 音楽は各校に専任教員が1~2名という狭き門です。 ですので、ほとんどの教員免許取得者は学校教員ではなく教室講師になります。自宅での個人教室なら自営業で生徒集めからやります。教室に勤める場合は、基本的には時給が2千円ほどですので、アルバイトに毛の生えたレベルです。 数学は各校に専任教員が学年の数+αいますので、もう少し音楽教員よりはもう少しましです。 教員として採用されなかった場合は塾講師などをやると思いますが、音楽講師とほとんど変わらないでしょう。 ということで、学校への採用の間口の広さを考えて、数学の道に進むほうがいいですよ。