過去の義父からの暴言や人格否定発言に対して、慰謝料請求は認められるでしょうか?

過去の義父からの暴言や人格否定発言に対して、慰謝料請求は認められるでしょうか? 長文申し訳ありません。弁護士に聞けと言われればそれまでですが・・・ 私は今から一年半ほど前に当時勤めていた大手企業を退職し、中小の企業へと転職しました。 退職理由は当時勤めていた大手企業は激務で心身を壊したこと(心療内科で処方された薬を服用しながら仕事をしていたが、職業上その薬を服用しながらの就業は法的に禁止されており、黙ってやっていた)と中小の企業での募集職種が私の希望していたものだったからです。 年収は下がりましたが、妻とは事前に話し合いをし了承を得ていました。 しかし事後にそのことを義父に報告すると義父は怒り狂い、私に対して 「お前は我慢が足りないからいけないんだ!」 「○○社(大手)に勤務していたから娘を嫁に出したようなものなのに」 「一体親からどういう教育を受けてきたんだ?」 等々、小一時間に亘り電話で罵詈雑言を浴びせられ、私はただただ平謝りする一方でした。 私はそれ以降、義父が生理的に受け付けなくなってしまい、妻の実家からも足が遠のきました。義父は言い過ぎた、反省していると言いますが私は許せません。 ここにきて別の理由から妻との関係が悪化し、いま離婚の手前まで来ています。 関係悪化の原因は転職とは関係ないのですが、この期に及んでも義父はまだ転職についてネチネチと言ってきて大変な苦痛です。 上記のような状況において、精神的な苦痛を受けたことによる慰謝料請求は一般的に認められますでしょうか? 残念ながら音声の録音はしておらず、証拠は何もありません。

法律相談 | 家族関係の悩み14閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

証拠が何もないなら、 慰謝料請求は出来ません&請求したところで 勝訴は出来ません。 むしろ証拠がないのに請求出来てしまうと、 世の中・・・ 理不尽な事だらけになってしまいます。 仮に心療内科で、 暴言を理由に鬱になった!として 診断書を書いてもらったとしても、 それがイコール『義父からの暴言が原因』という事で 関連付けないといけません。 関連付けるためには、勿論『証拠』が要ります。 音声や、また『暴言を言われていた』と 証人になってくれる第三者の存在。 そしてトピ主さんも、 義父と揉める前から・・・ 精神的な部分も含めて 身体を壊していたって事もあり、 余計に義父からの言葉を 『聞き流す』 余裕も無かったんだろうと思います。 確かに義父に対し、 『そんな言い方は無いだろう!』とは思います。 しかしもし、 トピ主さんが会社内でも成功していて・・・ 順調な生活を送っていたのなら、 義父に対しても、 そこまで『慰謝料請求したい!』とまでは 思わなかったかも知れません。 元々精神的に弱っていた所へ、 義父にグサッと刺さる言葉の数々を言われて それがオーバーにも 『慰謝料請求したい!』 とヒートアップしてるだけなのでは?って 印象を受けます。 それに慰謝料請求するにしても、 多額の費用を使って弁護士とのやり取りや・・・ また『嫌な義父』とも 頻繁に関わらないといけなくなります。 そんなに労力と気力を使うくらいなら、 いっその事・・・ 『金輪際、義父とは関わらない』 と決めた方が、まだマシです。 証拠もないなら、 トピ主さんが勝つ可能性は随分と低いし、 余計な出費を増やすだけ。 また奥様とも離婚寸前の所まで来ているのなら、 もうその親子と深く関わる事は トピ主さんにとって、 辞めた方がいいのかも知れません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。言われっ放しで悔しいですが、そうするしかなさそうです。こんな親子と縁を持ってしまった自分の人の見る目のなさがいけなかったようです。

お礼日時:10/29 22:00

その他の回答(1件)

0

証拠がなければむりですよ。 当たり前ですよ。どうやって争うの?訴えようにも、弁護士は証拠がなければ勝負しようもない。あいつは言った!俺は言ってない!子供の喧嘩と同じ。誰も相手にしてはくれませんよ。