ビジネスホテルの禁煙ルームでvapeを吸っても大丈夫ですか? 実際に禁煙ルームで吸っている方いらっしゃいませんか?

補足

電子タバコではなく、純粋なvapeです。 リキッドの蒸気を楽しむだけで、タバコカプセルは使いません。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 またよろしくお願い致します。

お礼日時:10/29 21:56

その他の回答(12件)

9

どうやら拒否設定したようなので別IDより 貴方のVAPEに対する解釈は単なる間違いであり、それを素直に受け止められないで屁理屈を捏ねてるだけです。 だからこそ拒否で現実逃避することになるのです。 先にも言った通りVAPEという用語は、電子タバコ含め吸引器全般を指す俗語であり、VAPEという大きなカテゴリーの中に電子タバコという物があるのです。 そもそも例えばGEEKVAPEやVAPEFLYのように、電子タバコメーカー自体がVAPEという言葉を用いています。 ちなみに逆に貴方の理屈上では、電子タバコは何を指すことになるんですか? もしかして法的にも製造タバコとして扱われている加熱式タバコのことでしょうか? それじゃ今度は法的にいろいろ矛盾が生じてしまいますよ。

9人がナイス!しています

この返信は削除されました

1

仕事の関係でビジネスホテルは多用しますが、基本的に禁煙ルームの注意書きに加熱式タバコと電子タバコは禁じる項目があります。 全面禁煙ルームになってるホテルはその可能性が高いです。 ひとまず対象ホテルの管理者に確認することが無難です。 余談ですが厳密に言うとVAPEは電子タバコや加熱式タバコを指す総称です。 VAPEはVAPORIZERから転じた俗語であり、何かを気化して吸引するための機器全般を指す名詞であると同時に、 その機器を用いて吸引する行為を指す動詞の意味合いもあります。 つまり電子タバコも加熱式タバコもVAPEの一種であり、広義としてはネブライザやアロマポッドなどもVAPEの一種になります。 そしてリキッドのみ気化する機器をVAPEとすることは間違いになります。 ちなみに海外ではVAPEの前に気化する物の言葉を接続して、混乱を招かないようにきちんと言い分けたりします。 例えばリキッド式ならLIQUID VAPEもしくはOIL VAPEなどと言った感じです。 加熱式タバコは主に日本で使われている物ですが、海外で表すならDRYHERB VAPEもしくはHERBAL VAPEの一種になります。

1人がナイス!しています

ホテルに確認するのが確実ですね。 VAPEを電子タバコに含むのか含まないのかは、解釈・判断が別れるところです。人により解釈が異なるので何とも言えません。

1

ホテルに確認してみないと、わからないのでは? 私みたいなおばさんだと、vape?とアイコス?との違いもよくわかりません。

1人がナイス!しています