回答受付が終了しました

米国って今でもメートル法ではなくてインチですけどなんでバイクの排気量はインチじゃあないんですかね。

回答(7件)

1

ぶっちゃけハーレーとかどうでもいいけど、IECではメートルに踏襲されてきているのが世界の潮流なので、規格化された時代によって、インチや、メートルが混在しているものと察します。 想像ですが、タイヤの直径を規格化したころはインチが主流で、タイヤの幅を規格化したころはメートルが主流になっていたものと察します。 ネジも古い規格はインチ(日本国内だと「ぶネジ」って呼ばれてる)ですし新しい物はメートルですね。 規格は一度作られてしまうと、それに係わる資料や生産設備などの関係で、なかなか変わらないのが古い規格が残り続ける理由だと思います。 例えば、日本国内でも、水道管などは未だに「ぶネジ」ですが、これをメートルに全てを一新させるとなると、日本全国の水道工事関係者の設備や工具も変えないといけなくなり、結局変われないって感じです。 で、ハーレーに話を戻すと、 私はツーリング時に、ある程度の工具を積載するようにしていて困っていそうな人を見かけたら声を掛けるようにしています。 しかし、ハーレーは無視します。 だって、インチの工具なんて持ってないもん。ww

1人がナイス!しています

1

インチは長さの単位。 排気量は容積の単位で表します。 ハーレーはキュービックインチを使ってますね。 エアクリーナーカバーに117とか表示してますね。 1キュービックインチは16.387ccぐらいです。

1人がナイス!しています

1

排気量の表示はアメリカでも基本的にはccです。 インチ数は車名として使っている程度で、スペック表にはccで表示しています。 工具類もミリが増えていて、現行車においては、よく取り外したり分解するであろう部分にはミリ、ほとんど外さないような所ではインチのままである事がある、というくらいです。 アメリカメーカーもグローバル化を進めて色んな国で売りたいワケですから、アメリカでしか通用しない規格にこだわるはずがないです。 日本のアメ車乗りは、なぜか旧車ばかりでそれを基準にして話をしてしまうので、こういう勘違いが広がってしまってるんです。

1人がナイス!しています

2

そのヘタレに喧嘩売って負けてんのやからなぁ。

2人がナイス!しています

3

タイヤは車用も含めて全世界でインチが採用されていると思うのだが。

3人がナイス!しています