回答受付が終了しました

ID非公開

2020/11/12 19:00

11回答

1.次の資料1ならびに資料 2 をもとに、それぞれ棚卸減耗損および商品評価損の金額を 解答欄に記入しなさい。ただし、記入すべき金額がない場合には、×を記入すること。

簿記 | 会計、経理、財務12閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(1件)

0

こんな感じ? 資料1 棚卸減耗損40000 商品評価損14400 棚卸減耗損× 商品評価損100000 資料2 棚卸減耗損180000 商品評価損× 棚卸減耗損150000 商品評価損× 2.次の取引の仕訳をしなさい。 現金200,000前受金200000 前受金20,000売上20,000 3.次の取引を仕訳しなさい。 過日、東京商店に裏書譲渡していた約束手形¥2,000,000 が不渡りになり,同店より償還 請求の諸費用¥50,000 とともに請求を受け,遅延の法定利息¥30,000 を含めて小切手を振 り出して支払った(なお,偶発債務を(a)評価勘定で処理していた場合と(b)対照勘定 で処理していた場合の 2 つの仕訳を示しなさい)。 (a)評価勘定 不渡手形2080000当座預金2080000 裏書手形2000000受取手形2000000 (b)対照勘定 不渡手形2080000当座預金2080000 手形裏書義務2000000手形裏書義務見返2000000