ID非公開

2020/11/6 12:32

33回答

地球温暖化問題に関して、都市環境学の観点から日本が持続的発展をする方法を回答してください。

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

この返信は削除されました

その他の回答(2件)

3

日本が持続的発展をする都市環境学的方法と言えば都市部の気温上昇をどのように防ぐか、そのための方法です。 そのためにはヒートアイランド現象の緩和です。 こちらの環境省説明の図の1.2をごらんください。いかにヒートアイランド現象を都市部温暖化の本質として捉えなければならないかがわかるかと思います。 https://www.env.go.jp/air/life/heat_island/guideline/h24/chpt1.pdf この図にある対照の全国も都市と同じヒートアイランド現象の原因となる事象がが進んでいるので、実質的には地球温暖化が存在するかどうかすらわからないぐらいヒートアイランド現象だけで都市部の近年の温暖化は説明できるぐらいのものです。 ですから都市部だけでなく、日本各地の居住地で都市環境学的にヒートアイランド対策をすることがまずは「地球温暖化」対策になります。CO2云々ではないです。 さらに詳しいことがこちらで述べられています。 https://tenbou.nies.go.jp/science/description/detail.php?id=18 温暖化問題の重要性を言う日本政府ですら、都市部が近年暑いのはヒートアイランドであると、この資料でもしています。そして政府が考えている対策は3と4の「.ヒートアイランド対策技術の概要」「都市形態の改善技術と事例」に示されています。 道路舗装面の改良 屋上緑化・壁面緑化 熱反射率向上の技術 ハイドロゲルを用いた水打ちの効率技術 都市形態の改善 これが環境省の考えるところです。しかし日本の官庁は縦割り行政なので、もっとできる点、たとえば河川管理、都市開発、道路インフラを伴う都市地域の人口集中緩和など、他の省庁が管轄するものに対する技術も大切であり、縦割り行政を壊すことができれば今の「都市環境学」を超えて本当の意味での都市の環境に関する科学と技術が発展するはずです。環境庁が言っている姑息な話ではなく、解決方法がヒートアイランドではまだまだでき、これが直接、都市部温暖化でわずかな影響しかない地球温暖化で起きる都市部の環境の改善になります。 CO2がどうの、というくだらない都市環境改善ではなく、本質的でまともな温暖化対策が重要です。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/10 21:37

ありがとうございます。参考にさせていただきます。やはり都市環境学の観点からだとヒートアイランドしかなさそうですね。

2

ポイントは都市環境学であること、その中で地球温暖化問題に絞っていることですね。自然環境についてではなくあくまでも都市環境なところが一つ、水問題や自然破壊などの環境問題についてではなく地球温暖化問題についてであること。 シンプルに書くなら、循環型社会とか低炭素社会についてでしょうね。持続的発展というキーワードがある以上、炭素循環型社会について書くのが普通ではないでしょうか。温暖化してるかどうかとか二酸化炭素が温暖化の原因かなんて議論をこの設問でしても仕方ないので、素直に書きます。壁面緑化やスマートグリッドによる効率化なんかをとりあえず書きますかね。建設系の学部とかなら建物寿命の長期化なんかもいいかもしれないですね。受験する学部とかによっては細部は変えたりするでしょう。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/6 22:47

小論文の本に、第一段落に問題提起、第二段落に原因分析、第三段落に解決策で書くとよいと書いてあります。回答者さんの回答を当てはめると、 第一段落 第二段落 第三段落「壁面緑加、スマートグリッドによる効率化」 問題提起と原因分析にどのようなことを書けばいいのか教えてください。