ID非公開

2020/11/11 17:29

55回答

地球温暖化対策として、日本の技術を先進国に輸出するという案はどう思いますか? 例えば、太陽光パネルの使い方を教える等

エネルギー、資源 | 地球温暖化34閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

その他の回答(4件)

0

「例えば」がチンマ過ぎて、ガックシですね。 でも、まあ、ええか。 二酸化炭素を排出しない油ガス田開発や火力発電所など、輸出する技術はたくさんあります。 ただ、まだ排出二酸化炭素に値段がついていないので、様子見をしてるだけです。つまり、外部不経済の内部化というんですが、値段がついて、経済活動として採算が取れると考えれば、企業は勝手に海外で商売をするでしょう。 国内のグズを相手になどせずにね。

0

太陽光パネルはもともと「日本の先進技術」でした。しかし、日本政府は太陽光発電を評価せず、支援もしませんでした。そのため、太陽光発電の技術は海外へ流出してしまったのです。現在の日本には、世界に誇れるような「太陽光発電関連技術」はありません。 日本の先進技術がどんどん海外に流出するのは「日本政府」が「科学」を軽視しているからです。大学の「研究」が財政理由でどんどん縮小されているのです。 現在、エネルギー関連で日本が世界に誇れる技術は「蓄電池」があります。しかし、日本政府が支援しているとは思えません。せっかく、リチウムイオン電池でノーベル賞までもらえた技術です。しっかり、発展させて欲しいものです。

0

日本の技術を輸出しようとする前に、中国でその半額以下のコストで同じ技術を用いた製品が作られるので無駄です。 国内にいる「学術を頑張るよりも、日本の技術を流出させたい思想の人たち」をどうにかしないかぎり、そのアイデアはほとんど無駄に終わりますね。農作物の新種はほとんど中国、韓国に流出しているわけですからね。