LEDの照明器具は10年持つと言われていますが、実際のところどうなのでしょうか? ご教授頂けたら幸いです。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/21 0:31

その他の回答(8件)

0

以下の理由で持たない 照明器具の徹底的な省エネ化のため 電子回路の設計では禁忌事項とされている直列に した群をバランス抵抗を介さず直接並列にしています。 そうすると微妙なVf値のばらつきで各直列群に流れる 電流がアンバランスになって過電流でこわれる すでに登場初期の東芝やパナの施設照明器具では 不点灯になった素子が多くなって半分程度に 明るさが低下したものが出始めています。 直管型も同じ理由で半分だけ点灯した奴が生じて います(フィリップスや東芝製)

0

>2030年までは安泰でしょうか? 製品個別の状況によるので個別の製品が大丈夫かどうかは誰にも分かりません。10年というのはメーカーの言う適正交換時期です。寿命は明るさが当初の70%になる時点のことで完全にダメになる寿命とは意味が違います。

0

10年持つというより、10年経ったら交換時期という感じです。 寿命も平均的な使用時間で大体10年くらいだと思います。 ちなみに器具本体ごと交換でしたか? 同じ製品でもやたら長持ちするのもあれば保証が切れた頃に壊れるようなハズレを引くこともあるので安泰ということはないと思います。

0

シャープのLEDペンダント7年使って少し暗い気がしたので 予備機に交換した 多少明るくなったような感じたけど大差ないかな 稼働時間が長く12時間/日として3万時間超え 同じシャープのLED電球は数年で壊れたな やはり問題は発熱による損傷 100ルーメン/wを超える省エネモデルなら心配ないかな