今日も日銀がETFを買い入れしていますが、そこから端を発して気になったことがいくつかあったので、質問させていただきます。

経済、景気 | 株式99閲覧

ベストアンサー

0
画像

>株価を高めることで実質金利との差を拡大させ国債の金利を低下させること 投資家も金利以上の見返りがないと投資をしない。これはわかります。ただ実質金利との差が拡大することで国際の金利が下がるロジックがよくわかりません。そもそも金利を現金の価値のパロメーターだと思っていたので、余計にわからないです。では何のために利下げをするのかもわからなくなってきました。中銀が利下げを行ってその金利で現金を発行して市場に流すわけですよね。そうすると現金の価値が薄まって金利が下がると思うんですけど、国債の金利は違うんでしょうか。自分は株高になることで円安が進んだりするんじゃないかとか、何かそこが関係していると思ったんですけど違うんですかね?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

仕事が忙しくお返事できずに申し訳ありません。リオ様がなぜそう思ったのかうかがいたかったのですが、またの機会に。一番詳しく教えてくださったサラリーマンさんにBAを。

お礼日時:2020/11/30 11:30

その他の回答(2件)

0

日銀がETFを買い入れしてい目的は、株価を上げ上辺だけの景気回復を演出することです。 中央銀行が株を買えば株式市場の株価形成機能を歪めてしまうので、資本主義の先進国で株を買っている国は日本以外にありません。米国ではFRBが株を買うことを法律で禁じています。

上辺だけの演出をして何の利益になるんですか?ある程度建前はあるにしろ国家を運営していくわけですから利己的な理由ではない気がしますが。何か理由があるのでしょうか?

0

今日(11月13日)は、相場が下落してるので、日銀は久しぶりに(2週間ぶりに)、日本株ETFを購入する見込みです。 https://nikkeiyosoku.com/boj_etf/ 日銀が日本株ETFを買い入れる目的は、「デフレからの脱却」です。 経済現象にはインフレとデフレがありますが、デフレは<百害あって一利無し>です。 国民生活には2%程度のマイルドなインフレがベストなのです。 日本経済はバブル崩壊以降20数年間に渡り、デフレ経済に沈んでいました。 2012年、安倍祭二次政権は「デフレからの脱却」を目指して大規模金融緩和を実施しています。 日銀のETF買いはその一環なのです。 しかし、金融政策だけではデフレからの脱却は難しく、日本経済は2%のインフレが達成されてはおりません。 https://www.simplexasset.com/etf/manga/vol9.html

>国民生活には2%程度のマイルドなインフレがベストなのです。 国民生活が主体なのですね。それは知りませんでした。インフレを目指していることはわかっていましたが、何のためにインフレにするかがよくわかっておらずでした。何か日本国全体に対する利点があるのかと思っていました。景気が拡大することによって強い国になるのなら結果的に日本全体にいい影響が出るんでしょうね。 >日銀のETF買いはその一環なのです。 何故日銀のETF買いなのかがよくわからないです。株高にすることによって円安を促そうとしてるんでしょうか。ただ現状は円高ですよね。