ID非公開

2020/11/13 19:06

1111回答

かなり前(昔)に、アマチュア無線、というものがありましたけど、あれは、目的としては仲間と会話することなのでしょうか。

ベストアンサー

0

ID非公開

2020/11/13 19:45

画像

ID非公開

質問者

2020/11/16 18:10

そうなんですね。とてもよくわかりました。ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

基本的なことがよくわかりました。少し疑問に思っていました。皆様ありがとうございました。 一般的には、ネットのコミュニケーションのようなものとは少し違うようなのですね。わかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2020/11/16 18:33

その他の回答(10件)

1

アマチュア無線の楽しみの一つにスポーツ競技的な愉しみが有ります。 入門者が挑戦するものの一つに47都道府県のアマチュア局と交信して交信証(QSLカード)を得るとものが有ります。 また多くの人が目指すものに世界中の国と地域のアマチュア局と交信してその数を競うという分野もあります。 このようにテーマチックな交信が最近では細分化され多くに道の駅から運用するアマチュア局と交信しその数を競うとか温泉地と交信するというように増えてきているようです。 このスポーツ競技的な交信ばかりではありませんが、短波帯に出て来るアマチュア局の多くはスポーツ競技性の交信をしています。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/16 18:04

そうなんですね。とてもよくわかりました。ありがとうございます。

0

>かなり前(昔)に、アマチュア無線、というものがありましたけど 今でもあります。 日本はかなり前(昔)には約125万局あり世界一多かったです。 今ではアメリカ(約70万局)に追い越されましたが、世界第二位(約40万局)の多さです。 人口比率とか国土面積比率なら今でも世界一かも。 >あれは、目的としては仲間と会話することなのでしょうか。 >つまり、今のSNSソーシャルネットワークサービス?かな、ツイッターやフェイスブックみたいな意味合いのものなんでしょうか。 まあ、そういう人もいますが、趣味なので目的は人それぞれです。 法的には「アマチュア業務」ということがあって 「 金銭上の利益のためでなく、もっぱら個人的な無線技術の興味によって行なう自己訓練、通信及び技術的研究の業務」となっています。 >とは言え、話題としては、電波無線関係が多いのでしょうか。 もちろんそれは有りますが・・・・ 「初級」と言われる「第四級」「第三級」の取得に必要な学力レベルは「中学程度」なので、あまり突っ込んだ話には ついてこれない人も少なからずいます。 >他にもあるのでしょうか。 それはもちろんあります。アマチュア無線以外の趣味について・・とか。 >しかし、やはり目的と意味は、相手と会話することですよね。 いいえ。 私の場合は もっぱら技術的研究です。 あと、アマチュア無線の典型的な交信方法で、最低限のレポート交換だけで相手を次々と変えていくというスタイルもありますね。 より多くの人と交信したい場合は そうなります。 より遠くと交信したいという趣向もありますね。 >そういう仲間の友達の気が合う人は、どのようにして見つけるのでしょうか。 「類は友を呼ぶ」の例えもあります。 やりたいようにやっていれば、似た者同士が集まってきますよ。

ID非公開

質問者

2020/11/16 18:06

そうなんですね。とてもよくわかりました。ありがとうございます。

0

今も昔も、電波でナンパも一緒です

ID非公開

質問者

2020/11/16 18:06

そうなんですね。よくわかりました。ありがとうございます。

0

40年ほど昔はかなり多くの無線局と免許なしで交信をする違法無線局がいました。 通信手段として電話くらいしかないのでそりゃハンドマイクをもってリアルタイムで会話ができるのと無線設備さえあればお金も免許更新くらいしかかからないのでおしゃべり好きな男性も女性も多かったものです。 その後にポケットベルが登場した頃はまだ公衆電話の数が増えていました。 同時期に携帯電話が出てきましたが非常に高額でしたが一部お金持ちの人、政治家、不動産屋などが使っていたくらいでした。 そして30年ほど前からキャリア各社がばら撒きキャンペーンで携帯電話が普及しだしEメール、20年ほどまえからWin98など自宅PCにADSLなどが普及しはじめました。 40年ほど前にもてはやされたアマチュア無線も時代の流れで今は本当に好きな人や逆に目新しく思う若者も少しずつですが興味をお持ちの方が増えているようです。 でも本来はというかお金があまりかからないという要素からYoutubeで商品紹介>リンク先の通販サイトで視聴者が購入>動画作者に小遣い銭が入る(納税義務あり)というこじきシステムに群がる人ほど声が大きく最初から「こんなに初期投資があるなら無理だわ・・・」と思って断念する人もいます。 時間がない人やすぐに飽きるひとほどこの罠にひっかかります。 趣味は独学できる人も確かにいますが少数です。 お金をかけずに遊んでいる良き先輩を見つけてから首を突っ込んだり質問してかしこい遊び方をすることが大事ですね。

ID非公開

質問者

2020/11/16 18:06

そうなんですね。とてもよくわかりました。ありがとうございます。

0

現在も、全世界にいますよ。 日本でも、法律によって保護され、規定されています。 電波法を読んでください。

ID非公開

質問者

2020/11/16 18:07

そうなんですね。わかりました。ありがとうございます。