ID非公開

2020/11/16 20:19

33回答

LANケーブルのCAT5eとCAT6について質問です。

パソコン | LAN112閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

CAT.5eは、1000BASE-T規格の信号を通すための規格で、1ペアの心線に125MHz(送受信250Mbps)の信号を4ペアで、計1000Mbpsを可能にした規格です。1ペアで送信と受信を同時に行うため、エコーキャンセラーや漏話防止対策など当初はコスト高でした。 そのコストを抑えて、1Gbpsを実現するため開発されたのが、1000BASE-TX規格とCAT.6ケーブルです。 1ペアの心線に250MHz(送信500Mbpsまたは受信500Mbpsを別々に)信号を4ペアで、計1000Mbpsを実現しています。 なので、CAT.6の方が1ぺアの伝送帯域が広くても、送信と受信を別々の心線で行うので、250Mbpsで4ペアで、送受信を同時に行うCAT.5eと同じ伝送速度になります。 CAT.5eもCAT.6も、100mまでの伝送を保証した規格なので、1Gbpsまでの通信をするのであれば、どちらでも問題ないということです。 なお、1000BASE-TXの機器が普及する前に1000BASE-Tが普及してしまったので、1000BASE-Tの方がコストも安くなり、現状は1000BASE-TX規格の機器はありません。 ただ、CAT.6は37mまでなら10Gbase-Tにも使えるので、性能が良いのは確かです。

0

主な違いはエラー率ですね。 Cat6は十字介在が中に入っていたりより率や芯線の太さが異なります。 一般利用ではどちらもさほど差異はありませんがケーブルの長さが長い等外部からの干渉を受けやすい場合はCat6を選んだほうが良いと思います。