回答受付が終了しました

CO2の地下貯留ってスケールがとてつもなく大きい「問題の先送り」ではないのですか?

地球温暖化 | 化学40閲覧

回答(6件)

0

→ 確か数年?前の北海道苫小牧東域での、突然の大地震を覚えてますか?多くの家屋破壊と死者も出た地震。あそこの地震の震源原因がどういうものか?誰も解明して無いでしょう?ね?苫小牧市港沖合い海底へ、『CO2気体埋没実験工事?』をやった結果と見ると当りそう!ですよ!CO2を海底の地層へ押し込んだ結果、そのCO2自体が熱いマグマへ接近して暴発事故を起してしまったんでしょうね!あんなひどい事故をゆるす訳には遺憾でしょう?ね?そおおおおは思いませんか?頭のいいかたならば、直ぐにそういう風に思い至るはずなのですよね?ですよ!ですよ!

0

地下は、もともと高圧でして、たくさんの炭酸ガスを含んだ水(天然の炭酸水)もあるんでしょう。で、石油があるところにはキャップロックがあると言われており、石油を採掘したあとに、CO2に圧力をかけて注入し溜めて置くという話と思います。将来的にはそのような地層に溜めておけば半永久的に貯留できると思いますよ。 地殻変動等で地上に噴き出したら、ありがたい重炭酸塩水の温泉で、観光客を呼んで、大好きな、お金を儲けたらどうですか。 あと、今は玄武岩中に注入したら2年ほどで、岩になってしまうというので、研究が進められているらしい。一度検索してみてちょ

全部の二酸化炭素を土に埋めるわけではない。化石燃料を燃やしたあとのCO2だけを埋めたら、O2もCO2も減らないって考えでしょう。 しかし、とんでもなく大きな勘違いは、地球上のどこにどれだけのCO2を含む物質が存在しており、日常的に大気中のCO2になったり、吸収されたりを繰り返している。今は人間が化石燃料の燃焼に使ってる量が増えて、吸収量よりも大きくなったと言って騒いでいるが、要はその分だけを処分すればいいのであって、地球上の酸素濃度をかえるなんて、とんでもないこと。感覚がずれてるんじゃなかろうか。

0

いや、問題の先送りにもなっていないです。 効率よくエネルギーが得られるから地下貯留されている化石燃料からCO2排出しているわけで、植物によるCO2固定以上に効率のよく、大規模なCO2地下貯留などできるはずがない。 もしもエネルギー効率よくCO2の地下廃棄が有意な量できるというのなら、技術開発以前にゴールとなるエネルギー収支を見せてもらいたいものです。成り立つはずがない、水車で水を汲み上げてその力で回る永久機関じゃあるまいし。 CO2の地下廃棄技術を開発しています、というポーズがCO2排出問題の解決方法としてとられていること自体が問題です。

0

うん、先送りですね。 ってーか時間稼ぎ? 先送りしてる間に、人工光合成が実現するかもしれないし~。。。 ・・・しないかもしれないし~(^^;

0

おっしゃるとおりですね。化石燃料を燃焼させて生じた二酸化炭素を,二酸化炭素のまま貯留したら,永久に化石燃料には戻りません。炭素資源の浪費になります。