私はずっと大河ドラマを見ておらずここ数年再度見始めたのですが、

補足

どうもありがとうございます。雜賀孫市は出たのですね。さすがに主役は無理でしょうか?大河ドラマは信長や秀吉を讃えるばかりなので別の視点もあったらどうかと思いました。先週の回に弁慶の様な山伏が多数織田軍にいたと思いますが、あれは根来衆を傭兵として雇ったのでしょうか?台詞があったかも知れませんが覚えていません。

日本史 | ドラマ95閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

>>先週の回に弁慶の様な山伏が多数織田軍にいたと思いますが、あれは根来衆を傭兵として雇ったのでしょうか? 僧兵は僧兵ですよ。武装して戦闘もする僧侶です。 因みに、僧は漢学の教養も身に付けていたりしますので、中国の兵学の知識を持っていたりします。戦国武将の中には、軍師として僧侶を採用していた者もけっこういます。今川義元と太原雪斎とか、毛利輝元と安国寺恵瓊とか、北条氏政と板部岡江雪斎とかがそれです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:2020/11/24 22:33

その他の回答(7件)

0

ボ、ボクは小学生でしゅが・・・ 雑賀孫市を、今井宗久を故林隆三が演じていた。マイケル富岡の明智光秀は毛皮着てる不良民が攻撃してた。太平記ではシースルーが新素材ということで白拍子のお乳が出てた。回のおわりに史実に基づいた歴史上のコラムを企画してるが、前田利家の馬上図には一向宗徒の生首と思われるオブジェがモザイクなしで地上波放送してた。一揆の記録が文字文献に遺産化されなかったため、歴史物語で進行すると作家の負担が増大するわけだ。統一化された政治権力の存在となってない天皇の権威が利く武装した商工業手のあらましは流民の暴徒化がつまらなくもドラマの趣旨になってしまう。戦国物は当代の英雄一代記なので主役が死んだら終結するのだが、事実はそうではなくキリシタン破でうすや荒木又右エ門の事件まで政治情勢は混乱してたはず。キリシタン大名のニヒルで嗜虐性の人格も出てこない。エタの雲助根性と対比して描写すると日本文化の原罪の捉え方に接触するのだ。ユーゴ内戦が戦後時代物語とおなじとされた。士道が武士道に変質する部将のいきざまを映像化するには京都の撮影隊より実録ものに適応できた東映の時代劇陣が向いてるのだろうか。鉄砲は弾道が見えないからチャンバラに興行として劣るのだ。天下の武士をすべて滅ぼし百姓の国をつくると豪語した顕如は沈黙する人口無脳の結末を迎えるのだった。

画像
0

おそらく治外法権的な?団体にシュプレヒコール的な?嫌がるよね。

0

基本的に大河ドラマという大衆娯楽に宗教観が入るのはタブーだと思います。 作家や脚本家と浄土真宗の合意が必要になる恐れもあり、歴史家との意見の相違とかになるやも知れません。 筒井家や石山本願寺をみても分かる様に単なる宗教勢力と言うより利権を争う国人とも言える側面もあり真の姿としてドラマ化する面白味はあるかも知れませんがハードルは高そうです。

0

昔も根来衆の雑賀孫市との戦いはドラマには、ありましたよ。 一向宗勢力とは比叡山以上の過酷な殺しあいなのですから、簡単には描けないはずです。 少しは歴史に興味持ちましょう。