映像補正ソフトでここまで出来るのなら NDフィルターも4Kで撮る必要もないではないですか?

画像

動画、映像 | ビデオカメラ14閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

なるほどー と、いう事はあとからいくら「補正」して綺麗に見えても 4K撮影動画には及ばない、と言う亊なんですね・・・。 ちなみにその「ビットレートの差」は 人間の目でみて どのような状況でもハッキリ認識できるものでしょうか? 例えば 「ハイビジョンモニターで見る分には変わらない」 「4Kモニターで見て初めて差が判る」 「どのような媒体で再生しても差が出る」 「ふつうに見る分には判別は難しい」 「モニターの解像度より大きさによる」 など ご教授いただけると幸いです。

その他の回答(1件)

0

①甘いですね。 4K素材の画質と2K素材の画質とを有機4KTVで見比べると(並行同時再生ではではないが)その差は歴然としていますよ。 ②4K素材を4Kで書き出し、次に2Kで書き出す。 その「2Kビデオ」と「4Kビデオ」を比較すれば、2種類の画質比較は歴然とします。

もちろん 2Kと4Kの差が「歴然」なのは判ってるんです。 私が訊きたいのは  「補正ソフトで4Kまで解像度を上げた動画は 元から4Kで撮影した動画と比べて遜色はありますか?」 と言う亊です。 あるのならば具体的に知りたいです。という亊なんです。