ID非公開

2020/11/19 1:36

55回答

腹式呼吸についてです。

合唱、声楽42閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

1

まず質問の後ろから見ていきましょう。 > 吐ききった後に胸が上から押さえつけられる感じ これは呼気の最終で腹式呼吸(横隔膜呼吸)の方ではなく胸式呼吸を強く努力性に行っているためと私には思われます。順に説明しましょう。 胸式呼吸は肋骨を前方上に引き上げることで行われます。使われる筋肉は隣同士の肋骨をつないでいる肋間筋で,肋骨を引き上げるのは外肋間筋です。 (筋肉等の図は最後にリンクを付けます) 肋骨は,背中側は脊椎骨と関節でつながっていて,胸側は「胸骨」という平たい骨と軟骨でつながっています。外肋間筋が収縮すると胸骨側が引き上げられ,肋骨が前方に移動するので胸郭(肋骨と脊椎骨で囲まれた部分)の体積が大きくなり,胸式の吸気として空気が肺に入ってきます。 通常の呼吸では,外肋間筋が力を抜くことで肋骨が持ち上がっていられずに下がるため胸郭の体積が減って息が吐かれることになります。しかしもう1種類の肋間筋である内肋間筋が働くと肋骨を強制的にさらに引き下げられるので,胸の力を抜いた状態よりもさらに息を吐くことができます。これは肺活量(努力性肺活量)を測る時に行っている呼気の吐き方です。でも歌では外肋間筋と内肋間筋は力のバランスを取り合って使われています。 歌においては内肋間筋で最後まで吐ききるような胸式呼気は胸から上に余計な力が入るので,呼気や声帯のコントロールができにくくなってしまいます。ぜひ肩から鎖骨まわりの力を抜いた感じのままで息を吐いて下さい。 ただしこれは胸式呼吸をするなという意味ではありません。外肋間筋を使う胸式吸気は歌う時の呼気として使います。 > お腹を意識して膨らませ これは,ドーム状の横隔膜が収縮して平板に近づく際に押される内臓の行き先を,腹筋群の力を意図的に抜いて大きくふくらむようにしている状態ですね。 呼吸に関わる質問に対して必ず書くことが私にはあります。それは「筋肉は自力では縮む(収縮する)ことしかできない」という医学的事実です。お腹がフラットな状態から前方にふくらむのは内部から別の力で押されているからであって,腹筋が自力で前方に伸びて飛び出すことは絶対にありません。 収縮した筋肉の力を抜けば自然長に近づくようになりますが,これは自力で伸ばしているわけではありません。重力があれば重力が引っ張る形になることもありますし,身体が水中にあれば単純に自然長に近づくような動きになるでしょう。 > 押し返すようにお腹の張りを意識して息を吐いています これは横隔膜と腹筋群の力のバランスを取っている状態ですが,両方の力の差が腹式で吐くのか吸うのかとかその速さとかを決めることになるので,むやみに両方の力が入っていても無駄になってしまいます。 あなたの「胸が上から押さえつけられる感じ」というのも無駄な力を使っていることの一部だと考えます。無駄な力が抜けるようになるには,無駄な力が存在することを意識した練習・習熟が必要でしょうね。別の書き方をすると,なるべく楽ができる力の使い方ですね。 ちなみに,腹を出すのと同様に腹をへこますことも筋肉には自力でできません。力を入れた筋肉はなるべく一直線になろうとするだけです。腹がへこんで見えるのは胸部が相対的に腹部より前方に出ている場合ですから,腹部がフラットな状態で外肋間筋が肋骨を前方に出していれば腹がへこんで見えます。 仰向けになっていれば重力で胸部より腹部がへこむことはできますけどね。 ついでですが,仰向けに寝ていると腹式呼吸を感じやすいのは,寝ていると脊椎骨との間の関節で肋骨が動きにくくなるので胸式呼吸が抑制されるためです。 胸郭を構成する骨格と筋肉 https://msp.c.yimg.jp/images/v2/FUTi93tXq405grZVGgDqG2AoUavYICofW4nLC9RLaFyB_nPX71rsXC2UwQYnUEzyQPr96-w8gS5IjlP6i7avqDnUCqynMLw0J5SPMoXGu2Ss5CUrWuqT1f0D3zPSuvhe4J3fYTFbqiweVL6fMmuhuTEdgEJ1ww5AombVhPGMeKG7brNRZV-mhn_PGqkb11NsOGffV0DQflh16Vzn2GPusENsX6xpQSA_IFsZAqN-SLi9sqi3z2EuJklgeZx0JV3SYyTw_Hf_eeLCHy__cmFzfXNrYmfmqaZDdcH0O0iqNzA9Gj9YyrvCmXpIT5m7r7b63ibxgexMpKJcXnDPYsD4XTwbYwNNVxxm6LazQRf429j_wpbQgYFPjL9p5OBbUhNObr05DLYiQN7eAyw5YE9uefncRy3gbwg_MditDODkX0r0kGJPDEt7jPeu5TlBTLdQrFDBQfAJoUPCR-2wjhxOSg==/800px-Costal_cartilages_frontal.png

1人がナイス!しています

0

腹式呼吸でお腹を膨らませる、 これは無いですが胸の張りを意識するとは? 胸を前に軽く張り出す事はしますが胸の内側は開いてやる必要があります。

0

カテゴリーから、歌に使用する腹式呼吸という解釈で回答いたします。腹式呼吸と言うとお腹を膨らませるというのがまずイメージされると思いますが、歌でなぜ腹式呼吸が必要かというと、横隔膜を柔軟にコントロールしてあげる必要があるからです。そのためには、まず吸うときに、お腹を膨らませるのではなく、腰の後ろの部分が膨らむような感覚で息を吸います。初めは難しいかもしれませんが、練習してみてください。

1

ちょっと自然な感じじゃないのかもしれませんね。 人は眠っているときは腹式呼吸です。 一度仰向けに寝て、手をおなかにおいて、眠る心地で息をしてみてください。 寝る体制も自然と腹式呼吸になってると思います。 できれば夜がいいです。 午前中は胸式呼吸、夜になるにつれて、だんだん腹式呼吸のほうへ進んでいくみたいですので

1人がナイス!しています