新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

回答受付が終了しました

ID非公開

2020/11/19 19:37

2020回答

コロナやばいですね。1日の感染者数大阪300人超えました。

テーマパーク | 政治、社会問題719閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(20件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

●高齢者の人出、急回復 感染者に占める割合も上昇 専門家「全年代で厳重警戒を」 2020.11.23 19:38 https://www.sankei.com/life/news/201123/lif2011230026-n1.html 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、これまで外出を控えていたとみられる10代と70代以上の人出が7月中旬ごろから、他の年代並みに回復し始めたことが23日、位置情報を基にした人出のデータの分析で分かった。 収束が見通せない中、 「気の緩み」 が全世代に及んでいる可能性がある。 年末年始は新年準備の買い出しや初詣など、とりわけ高齢者らにとっての外出機会も増えるが、専門家は 「この冬が一番の山場」 「高齢者は重症化しやすく、人との接触を控えてほしい」 と訴えている。 システム会社 「クロスロケーションズ」 がスマートフォンのアプリの位置情報を基に提供する人出データを使用。 東京と京都の中心部の年代別の7日間平均人出を昨年同時期と比べた。 データによると、人出は緊急事態宣言が出された4月以降急減し、5月初旬は各年代で前年同時期の20%台になった。 6月初旬には20~60代の人出は前年の50%前後にまで戻ったが、10代と70代以上は40%台前半にとどまっていた。 10代と70代以上の回復率は他の年代に引き離された状態が続いたが、政府の観光支援事業 「Go To トラベル」 キャンペーンが始まる前後の7月中旬ごろから、他の年代の人出が鈍る中で急回復し、ほぼ他の年代に追い付いた。 その後は全年齢層で人出が昨年の7割超にまで戻った。 感染者の年齢層も同じころから中高年に移行し始めた。 7月の東京都内の感染者に占める70代以上の割合は数%、40代以上でも20%超だったのが、11月にはそれぞれ10%前後と50%前後にまで上昇している。 7月には10人前後だった重症者の総数も40人前後に増えている。 感染経路はこれまで主流だった夜の街から家庭内や施設内が増え始めている。 東京医科大の濱田篤郎教授(渡航医学)は 「高齢者の人出の増加が高齢者の感染の増加に直接結びついたとはいえない」 と指摘する。 その上で、 「社会的な雰囲気が『出ていい』となり、高齢者にも気の緩みが生じた可能性がある」 と分析する。 懸念されるのは、年末年始にかけて、親族の集まりやお歳暮の買い出し、初詣など、高齢者が外出する機会がさらに増えるとみられることだ。 濱田教授は温度や湿度がウイルスの生存に適している来年1月ごろが感染のピークになるとみており、 「今冬の催しへの出席は控えて、高齢者は人との接触を避けてほしい」 「冷たいようにみえるが、せめて食事は別々でするなどの工夫が必要だ」 と訴えている。

画像
0

われわれ「素人」から見たら、しっかりと対策をとった、プロ中のプロである「医療従事者」でさえ感染し、クラスターを発生させてるのだから、素人がなにをやっても無駄ですよ。 ザルに等しい。まあ、「気持ちの問題」にはなりますが。 どうせ無駄なら、行ってきたら良いのではないですか。 この3連休までは、政府の「GoTo」であおられて旅行を予約しちゃった人々が、キャンセルが間に合わずにドッと出かけますから、来週、さ来週は感染がもっと広がるから、最後のチャンスですよ。 これを逃したら、「GoTo制限」やら「緊急事態宣言」が出ますから、2ヶ月くらいは外出は無くなります。 せっかく、いい感じにグラフが急上昇して美しい曲線を描きだしたのに、ガクッと折れて下降するのは美しくないですし(笑)

画像
0

感染対策をしっかりすれば行くのもありだと思います。正しく恐れてしかし恐れすぎず楽しく遊ぶ。ただやはりかなり注意してこまめな対策はしてないといけないしそこの覚悟だけは必要だと思います。

1

昨日、大阪府過去最高の338人 土壇場キャンセルになりますが、事情が事情だけに、新幹線及びホテルは相談すればキャンセル料無料は難しいかもしれませんが、対応して頂けるのではと思います。 USJのチケットについて 事情が事情だけに、公式サイトには記載していませんが、USJインフォメーションセンターに連絡し「コロナ感染第3波で感染される方急増しているので旅行を自粛しようと思います」と相談すれば、個別にキャンセル返金対応して貰えます。 ※2月29日の臨時休業に入る前は、公式サイトでは告知無かったですが、問い合わせ有ったゲストには個別に返金対応していました。 USJインフォメーションセンター 0570-20-0606 オペレーター対応時間 平日→9:00~17:30 土日祝→9:00~19:00 相談される時、USJ側からご質問者様の購入されたチケット内容確認する為、チケットの「お問い合わせ番号」聞かれます。 「お問い合わせ番号」は、購入履歴を開くと下の方に「購入したチケット」が表示されます。 黄色の枠内に問い合わせ番号として青文字でアルファベット2桁+数字6桁の番号が記載されていますので この番号です。 もしくは、購入完了メールにも記載されています。 事前にメモされてから、お電話されると良いかと思います。 後、現在色んな問い合わせ多く、凄く異常なくらいオペレーターに繋がり難い状況が続いてます。 裏技では無いですが、少しでも早くオペレーター対応に繋がる方法として インフォメーションセンター電話して、テープ対応で「日本語対応希望の方は」が聞こえたら連続で、①⑤⑨②ダイヤルボタン押して下さい、これてオペレーター対応になります。 後は、少しでも早く繋がる事祈りましょう。 ※オペレーター対応始まる午前9時頃が比較的繋がり易いです。 良ければ参考にして下さい。

1人がナイス!しています

0

感染拡大傾向地域へ行っただけで、質問者さんが差別をうける可能性が高い住環境及びそれに耐えられない精神力なら、キャンセルやむなし。