掃除機ですが、紙パック式、サイクロンずばりどちらがオススメですか? 吸引力は紙パック?排気がきれいなのはサイクロン式でしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

ズバリ、価格.comの順位で決めましょう。 ここでの回答は正直、偏りが大きいと思いますよ。 世界でもトップで厳しい日本の消費者がサイクロン、スティックタイプ、コードレスを選んでいます。 (上位10位中ダイソン6機種) ここから余談(詳しく) サイクロンでも取りきれないごみはフィルターでキャッチしてます。 排気のきれいさは、そのフィルター性能や紙パック性能に左右されます。 単価の安い紙パックよりもサイクロンのHEPAフィルターの方が上なのは明らかです。 さらに排気が床の埃を舞い上がらせるキャニスタータイプよりスティックタイプの方がいいでしょう。 サイクロンは吸引力が持続するのが特徴で、単純に強さを求めるならコード式です。 コード式は吸引力が強く、長く使えるだけで他の面では不便さしかありません。 狭い場所、高いところ、階段で辛いだけ。 バッテリーの費用を考えてもコードレスの方がいいです。

0

排気性能に意味がないのはご存じかな?(^-^;A 吸ったごみをろ過する能力としては意味があります。 しかしよく考えてください。 どんなに高性能な排気性能を誇っても、まだ吸っていない床や空気中に漂っている埃や粉じんは、いくら綺麗な排気であっても排気口の風がそれをかき回し分散させるので、実験室レベルではすごく意味のある数値をたたき出すことは間違いないですが、現実の生活空間での実使用においては無意味な性能誇示です。 まあ、このカテゴリでよく言われた排気性能誇張は、英国アレルギー協会とか、ダストピックアップ率とか、医師が勧めるとか、JISには規定されていないメーカーのキャッチコピーを受け売りする木を見て森を見ない人にありがちな文言としては有名です。 あと、紙パックでもサイクロンでも吸引力はその掃除機の性能次第です。 我が家の紙パックもサイクロンも500Wの吸い込み仕事率を誇ります。 もちろんサイクロンはゴミが圧縮されるタイプでごみ捨ての時はシートをスライドさせるだけでそのままゴミ箱にまとまって落ちるのでほぼ埃の舞い散りがない数少ないサイクロン掃除機です。 どちらも便利なので使い分けをしています。 どちらがいいかと言えば好みの問題としか言いようがありません。 紙パック式なら吸引力が衰えたら中身がスカスカでも交換していくだけで埃の舞い散りもないし、お手入れもそこそこですぐに吸引力が回復するので、紙パック代を払ってでもお得です。 サイクロン式は紙パックを使わないだけで、毎回のゴミ捨てと埃の舞い散りでもう一度掃除機掛けする手間もあるし、フィルター清掃を頻繁にしなくてはならないのでそれに掛ける時間を時給換算したらぶっちゃけ紙パック代よりも高くつきます。

御回答ありがとうございます。確かに高い(手間)ですよね。 高性能の紙パックもあまり意味無いように思います。ので普通の紙パックで良いので頻繁に変えて稼働していくのが一番良いのかもしれませんね。^ ^

0

サイクロンは吸引力低いですねぇ。ヘッドの形状等を工夫して吸い込めるようにしていますが吸引力自体は紙パック式の半分以下です。ゴミが入る所を掃除するのも面倒ですよ。 紙パック式なら間違いないです。 ちなみにうちでは工作で出る木くずを吸うのでサイクロンです。紙パックだと頻繁に交換する必要があるので。 アイリスオーヤマのサイクロンは作りが貧弱で壊れやすいですねぇ。パナソニックのニセサイクロンを使ってますが、粉塵ですぐに詰まるので自作サイクロンを繋いで使ってます。 一応まめな人ならサイクロンでもいけるかと。

画像
0

紙パック。 自分は家の掃除機は紙パック、そのまま捨てられるので楽。 サイクロンではないですが、車の掃除機は紙パック無し、捨てるときに嫌。 以前、掃除機を買いに行ったとき、他の方がサイクロンを使っているが 捨てて後が面倒だから、紙パックのを買いに来たと言っていました。 ダイソンはゴミが良く取れて絨毯など綺麗になるが、ゴミを捨てた後が 面倒と姉が言っていました。 紙パックの掃除機も紙パックの後ろにネットがあり、そこも目詰まりするのでたまに掃除しましょう。

0

サイクロンでも、結局は汚い空気を排気してます。紙パックのほうがそのまま捨てられるので好きです。