ID非公開

2020/11/21 2:12

44回答

フルートで芸・音大を受験予定の高校1年生です。

楽器全般89閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答ありがとうございました! 将来的な買い替えも視野に居れながら、まずは総銀から色々試奏してみて、検討します。

お礼日時:2020/11/24 1:06

その他の回答(3件)

0

抵抗のある楽器ならオールド系はいかがですか? ビジューもオールド系の吹奏感を狙ったものですが、 オールドそのものではないので、私は何か違和感があります。 抵抗のある歌口(ばかりとは言えませんが)は、やはり音色は優れます。 ムラマツなどの息がどんどん入る楽器は、 それはそれの良さがあるのでしょうが、私は魅力を感じません。 抵抗のある楽器でこそ、良い音色も紡がれると考えていますので、 あなたの考えは(若いのでしょうに)正しい方向と思います。 オールドヘインズやオールドパウエルあたりを勧めます。 ヘインズはちょいと音程に慣れが必要ですが、 パウエルは扱いやすいです。 私は50年代のパウエルと30年代のヘインズを使っていますが、 どちらも素晴らしい音色です。 ビジューを考えるなら、オールドも考えてみてください。 私は20歳からオールド吹いていますが、 オケも吹奏楽もコンクールもこれ1本でやってきました。

0

>両親は金と銀で二本買っちゃえばと言ってくれてますが。。。 いいなぁ。財力あるご両親で羨ましい〜。 ご両親と相談してOKが出たなら、先生のおすすめと、あなたのお気に入りを「YOU、2本買っちゃいなよ!」って思うけど… (もちろん十分に試奏した上で選ぶのが前提だけど)

ID非公開

質問者

2020/11/21 20:51

回答ありがとうございます! そうですよね。 2本とも買ってくれるって言われて、また悩んでいるんです泣 贅沢な悩みなんですけど。。。

0

どうしてビジューにこだわっているのか分かりません。 また、先生も一般論ですね。 まだ試奏もしていない感じですし、ビジューもナガハラも試奏して考えれば?と思います。 あなたの演奏も聞かずに抵抗感が強いならやめといたほうがいいとは言えません。 が、銀の純度か上がると抵抗感は強くなるし、金はもっと強いです。これも一般論ですし、試奏ついでに金も吹いてみればいいと思います。 なお、金は、音大で勉強を進めると、銀で物足りなくなるときが来るかもしれないので、そのときでいいと思います。 プロでも総銀を好む人も多いですしね。

ID非公開

質問者

2020/11/21 20:48

回答ありがとうございます! 先生もビジューの総銀を使われていて、今までの生徒さんの中にもその金や銀を使われていた方達がいて、皆さん音作りに大変な苦労をされていて、結構手離す方が多いという経験があるからだそうです。 先生もやはり10年近く使われていても扱いに苦労するらしく、3年前にイデアルの総銀のフルートを購入され、場面に応じて使い分けておられるみたいです。 こだわりがあるのは、周りと演奏の差をつけるにはどうしたら良いのかを先生と相談したり、偉大な奏者の著作本を読んだり、一日中考えていく中で、抵抗感のある楽器に挑戦する中で繊細なものから大胆な表現ができるようになるのではないかと考え、その中でもビジューはそういう目的に適した楽器だからと考えたからです。 まだ試奏前なので、なんとも言えませんが、ビジューやナガハラに拘っているというより、抵抗感の強い楽器で技術や表現を鍛えたいと思っています。