鉄道ファンや鉄道ヲタクの人は、列車に乗るのが好きですか????それとも鉄道のウンチクを調べたり話すことが好きですか?

補足

いろいろな回答をいただいて、鉄道ファンって、鉄道全般に興味があるわけではなくて、かなり範囲が狭い分野に特化した興味を持っているように感じました。 鉄道全般に興味や関心を示すわけではなくて、なんとなくお役所仕事のように、ご自分のテリトリーというか範囲をご自身で特定する傾向があるのでしょうか? 鉄道が走る街や車両、乗り心地や車窓の風景、駅の構造やホームの景色などなど広く鉄道を愛する方って、あまりいらっしゃらないのでしょうか?いただいた回答を読んで、語弊があるかもしれませんが偏狭な方が多いのかなあ~おt感じました。 w限定して、それ以外のことは無冠してはないでしょうが、狭いご自分の分野

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

時刻表から駅弁、車窓の風景、駅・・・ほんとうに幅広く鉄道を楽しんでおられるようで、ひょっtしたら鉄道ファンの王道を歩んでいるのではないかと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いろいろな鉄道ファンがおられ、究めるようなマニアックな方もいらっしゃることがわかりました。 また、ゆったりと車窓を眺めたり時刻表に熱中したり駅前を散策したりと、丸ごと鉄道を愛している方の書込みにほのぼのとしました。

お礼日時:2020/11/24 5:00

その他の回答(6件)

0

私は鉄道ファンです。 分野は構体(車体の板と骨組みのようなもの)なので鉄道車両製造と深く関わりがあり、 電車などを造る産業について趣味を掘り下げています。 列車に乗るのが好きというわけではありません。 正直駅名は詳しくなく他の鉄道ファンの足を引っ張っていますが、鉄道工学などが好きで鉄道ファンをやっています。 並木道さんがおっしゃる実態というのは一部の人達に過ぎず、ある意味最前線にいる人なので目立ちやすいことからそういうイメージがつくものと思われます。 補足質問について、 そもそも人の好き、趣味は、理想的には無限に狭い領域だと思っております。それを言葉にするときに有限の範囲(狭いけど他人の共感を得られるくらいの範囲)になり、その狭い範囲に必要な広い範囲の共通部分で共通趣味のグループができると私は考えています。 つまり、完璧には趣味を他人と共有できないかもしれないけど、部分的に理解しあえるものが今言語化されている趣味なのだと思います。

構体に特化した鉄道ファンとのこと、鉄道ファンは細分化されておられるのですね。 広く金属に関して、組成や加工に関しても交通系に限らず、一般の構造物にも興味があるのでしょうか?それとも鉄道車両の構体だけに興味や関心があるのでしょうか?

0

それぞれに流儀があるのでひとくくりにするのは到底不可能です。 我はどちらかというと「乗り鉄」&「模型鉄」で、列車に乗ってどこかに行く、もしくは家で鉄道模型を走らせて楽しむ、を現在嗜んでいます。 今年度はスケジュール的な問題と、「模型鉄」活動に予算を使っちゃったため、通勤の範疇を超えた「乗り鉄」活動は実施できていませんが。 >或いは鉄道の技術的な仕組みや歴史に興味がありますか?それとも列車の運用に興味があるのでしょうか? 鉄道ファンの中には交通社会学等の社会の中における鉄道の位置づけや役割などアカデミックな分野に興味を持つ人もいるのでしょうか? こういった方々は、YouTubeやニコニコ動画のほうで、「迷列車で行こう」シリーズを投稿されている方が多いです(今年11周年を迎えました)。 現在のYouTubeの中では、昔ながらのゆっくり解説スタイルを貫く「迷列車 北海道」(老舗)や「迷列車 蒸気機関車」(比較的最近の方)、そして現在主流の多数キャラによる旅スタイルを確立させた「迷列車 海外編」あたりは人気で、おすすめです。

>我はどちらかというと「乗り鉄」&「模型鉄」 模型鉄と言う言葉があるのですね!確かに、子どもの頃は、Nゲージをいつまでも見飽きずに眺めるのが好きでした。 家ではスペースもありませんし、パノラマのようなものは、結構お金が掛かって、お金持ちの趣味のような感じで、敷居が高くて、私には別世界です。催し物会場などで時折見るだけです。

0

私は撮り鉄ですがもちろん乗るのも大好きです。ブルトレがあったときはブルトレに乗ってレンタカーを借りていましたが、今は新幹線に乗っても楽しくないのでマイカーで目的地まで行くようになってしまいました。 あと昔の鉄道に関する資料を集めたりしています。

>今は新幹線に乗っても楽しくないのでマイカーで目的地まで行くようになってしまいました。 鉄道に楽しく乗るのは過去完了ということでしょうか?そして現在は昔の鉄道に関する資料を集めことが主眼の鉄道ファンという懐古趣味的にシフトされておられるのですね。

1

この手の質問は頻繁に上がるのですが、「鉄道ファン」といわれる人種は非常に幅が広く奥が深いため、一元化など不可能です。 あなたがイメージされるのは、いわゆる「撮り鉄」かと思われますが、この「撮り鉄」にも「撮影することのみが趣味(鉄道車両を写真の被写体としてのみ見ている)」という人種がかなりいて、そういう人は「鉄道を利用することが皆無」という人は決して珍しくありません。移動は全て自動車、鉄道の利用の知識はまるでなし、という人は普通にいます。 一方、「乗ることが趣味」となる人は「乗り鉄」といわれますが、この乗り鉄は当然写真撮影もしますし、車両にも興味がでたり、利用方法にも詳しくなりますので、「ガチガチの撮り鉄」よりかは幅が広がるのは確かです。

1人がナイス!しています

>この手の質問は頻繁に上がる 気軽に質問したので、知恵袋の過去の質問をリサーチしていません。 いろいろなタイプの鉄道ファンがいますが、回答者様は結局、撮り鉄なのでしょうか?乗り鉄なのでしょうか?或いは別の側面がお好きなのでしょうか?

1

私は、車両に興味があります。ただ、最近は、一部のファンの暴走行為に憤慨しています。

1人がナイス!しています

>車両に興味があります。 乗り心地や、窓の大きさ、特急ではコンセントがあるか?等々の乗客としての車両の良し悪しは興味があります。旅行先では、逆に古い車両の方が旅情が出て嬉しいときがあります。 ただ型番とか、この車両は改良車だとか、そのような知識は私にはありません。