貸借対照表の期首資本金について 写真の問題を解いていたのですが、②出てくる、

画像

簿記 | 会計、経理、財務10閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

その他の回答(1件)

1

この先学習進めると変わってくるんですけど、 ここでは 資本金=資産-負債 として話を進めます。 会社は事業活動をすると資産や負債が増えたり減ったりします。 例えば、 100円の現金と言う資産を元手に会社を始めたら 資産100-負債0で資本金100です。⇒期首資本金 掛けで商品50円を仕入れて100円で売って 代金は掛けにしました。 資産は現金100円と売掛金100円、 負債は買掛金50円、 当期の事業活動はこれだけ、 資本金は200円ー50円で150円です。 資本金は期末150円ー期首100で50増加しました。 一方、この期間の損益は 売上100円ー売上原価50円=当期純利益50円です。 つまり、 1期間で会社は事業活動で50円の利益を上げ、 結果資本金が50円増加して期首資本金100円が 期末資本金150円になったのだと言う事が分かりました。 故に、 期末資本金=期首資本金+当期純損益 と言う公式が成り立つので、これに問題文から 分かっている金額を当てはめると、 期末資本金170,000=期首資本金???+当期純損益、、、 ってあれ?これ当期純利益分からんじゃん、 これじゃわかんないよ、、、

1人がナイス!しています