回答受付が終了しました

ID非公開

2020/11/23 12:19

77回答

私は生粋のロード乗りです。

回答(7件)

1

一般道は車が優先と勘違いしているドライバーが多いからだと思います。(要は自分に都合が良い様に考えている人が多い。) その上、自転車に関わる道交法やマナーをちゃんと理解している人は多いとは言えないでしょう。 安全確認もロクにしないでデタラメな運転する自転車乗りも多いと思いますが、そういうことをする人たちの親の殆どは運転免許を持っています。(確か、車離れが進んでいると言われいる今日でも30歳以上の免許所有率は80%位だったかと…) ルール(特に歩道上でのルール)を子どもに教えることもしないで自転車乗りを悪く言う無責任なドライバー(大人)が多過ぎますね。

1人がナイス!しています

3

遅いのに道を譲ろうとしないでフラフラ走っているから邪魔者扱いされるんですよ、ミラーも無く後ろなど気にしないで走っている自転車乗りがいかに多いことか。 生粋のロード乗りさんは自動車が後ろから迫ってきた時にすぐに道を譲りますか? 後続の自動車に気付いたらすぐに道を譲れば邪険にされないと思いますよ、実際に私はそう意識して道を譲るようにしていますが、自動車に何かされたことはありません。 さらに、道路交通法第二十七条に「法定速度未満で走行している場合に、後続車に追いつかれた場合は、できる限り道路の左側端に寄って、進路を譲らなければならない。」とあり、道を譲らなかった車両には「追い付かれた車両の義務違反」という違反もある事をご存じでしょうか? 自転車も車両である以上、この法律も適用されます。 幹線道路の制限速度は50km/hか60km/hがほとんどなので、幹線道路を走る自転車はほぼ全ての自転車が自動車に対して「できる限り道路の左側端に寄って、進路を譲らなければならない。」事になると思います。 生粋のロード乗りさんが60km/hで巡航できるのなら譲る必要はありませんが。 たしかに自動車を運転する側にも問題ある運転をする者も居ますが、自転車に乗る側も「車道を走る。」「原付のような規制速度がない。(制限速度まで出しても良い。」「車両の中では交通弱者になる。」などと道交法の自分たちにとって都合の良い部分だけを見て自動車を悪者扱いしている者が結構多いでしょう。 上記のような法律もあるので、車両を運転するんだからもっとしっかりと道路交通法を勉強してほしいですね。

3人がナイス!しています

0

18歳以上のロード乗りの大半は免許持ってて車も運転すると思いますけど...

0

選民意識等はありませんが、事故の要因となる危険なものとして認識しています。 がむしゃらに前だけ向いて走っている方が多い気がします。 その方達は車からすると予測不能なんです。 後方確認せず前に飛び出す、左折でウインカーを出して減速している車の左側をすり抜ける。 バイクではあり得ない行動をされたことは数知れずです。 ロードになると原付に匹敵する速度で走っています。 事故を起こすと確実に大怪我をします。 その事を認識されていないのでは無いかと思うことが多いのです。 私はバイクや自転車(ママチャリではありません)を乗るときは、車の運転手は自分を認識していないものと思っています。 車が相手ならぶつかれば負けるんです。

1

別にそんなことないと思いますけど。ただこの国では長いこと車道はエンジン付きの乗り物だけのものだったのがここ10年ほどで自転車が大量に流入してきてまだ慣れないドライバーがイラついたりお互いに危ない思いをすることが増えただけでは?あと数年もすれば路上で共生出来る様になると私は思っています。

1人がナイス!しています