スノーボード キングス 上達しないのは才能なし?

スノーボード220閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

回答ありがとうございます。イントラされているんですね。 たしかに今からプロになるわけでもないですし 楽しめるのが1番ですね。 比較することが無意味という考え方、参考になりました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:2020/11/30 12:27

その他の回答(7件)

1

私も昨年から月1~2回キングス/クエスト通ってます。 質問者さまよりちょっと年上ですが、上達は感じられていますので歳は関係ないかと。 自分もまだまだですが、上達しない常連さんに思う事として ・フリーラン能力が乏しいがそれに気づかない&手を付けないのでアプローチ/ライン取りの時点で不安定 ・練習施設なのに格好つけようとする ・良かったジャンプを動画に残すが、ダメだったジャンプを見ない ・人のアドバイスを真摯に聞かない ・この一本を何のために飛ぶのか理解していない という事です 谷口タカトさんはトランポリンとイメトレがほとんどの練習だったそうですが、アプローチでは何と何と何に気をつけるか、リップでは~、空中では~、目線は、腰は、腕は、とかはキングスに行っていない日常の時間で自分を動画に撮りながら体に落とし込むべきだと思います。 何を落とし込むべきなのかはダメだったジャンプと参考動画をスローにして一時停止してたくさん見て、分析してアプローチの時点から自分の体勢と上手い人達と何が違うのか、なぜ違うのか見つけるべきです。 自分で見つけられない場合はプロのレッスンでも良いと思います。 スノーボードはバランスのスポーツなので姿勢が真似できれば悪い作用はしないと思っています。 施設でしか体に落とし込めない動作でもほとんどの場合一番小さくて空いてるキッカーでそれだけを意識して何回も何回も行った方が効率的だと思います。 根本的な所で躓いている場合そこを解消しない限り先に進みません。が、それが取り除かれたら今までの苦労が開花するはずです。 同世代ですので頑張って頂きたいです

1人がナイス!しています

0

自身の動画は撮られているんですよね? 早抜けしないためにはどうすればいいか、スピンの体勢やアプローチのラインが適切かなどをちゃんと分析、学習する必要があります。 ただ飛べば飛ぶだけ上手くなる、なんていう施設ではありません。 自分の悪いところを見つけて、それを1つずつどう改善するかを考えていかなければスノーボードは上達しませんよ。

回答ありがとうございます。 動画はたまに撮っています。 がむしゃらになりすぎていたのかもしれませんね。 一本一本を大切にして考えながらやってみます。

3

やめられるならやめて良いと思います。 やめられないで通っているならうまくなる等どうでも良いです。 その場合、やめられるまで通ってみてはどうでしょうか? 上手くなっても上には上がいて、結局は誰かの上、誰かの下です。 それよりなにより、楽しめるかどうかが全てです。 アドバイスとしては、心が折れるようならボードに適性がないので他の趣味を見つける方をお薦めします。

3人がナイス!しています

2

上達速度は人それぞれ、目標もまた然りです。 30代ですよね? 今からオリンピック目指すわけじゃないでしょうから、急いで何を目指すんでしょうか? 少しずつでも上達していることが解ればそれで良いかと思います。 そりゃ、16までに1080まで回らなければ才能ないとかそういう世界に居るならば別でしょうけど... 追い込みすぎても意味が無いです。 スノーボードは「遊び」だと忘れてませんか? 真剣に遊ぶのは悪いことではないし、練習することも良いことです 心が折れるくらいなら違う楽しみ方を見つけてください。

2人がナイス!しています

この返信は削除されました

0

同じ年代の人に教える事がよくありますが、リップを上る時にリップをがっつり見てしまっていて前乗りになり上手く飛べずにいます。視線が落ちる人は何をやっても上手くいきません。 雪山で独学でキッカーを覚えた人はだいたいそうなります。 逆に雪山でキッカーをやらなかった人の方が悪い癖がないので順調に成長します。 変な癖や恐怖心がある場合、正しい視線の送り方を覚えるのは難しいです。 シンプルにエアの空中の高さのピーク辺りをアプローチのスタートからリップを抜け切るまで見続けるようにすればある程度は補正できます。

回答ありがとうございます。 雪山ではキッカーはほとんど飛んだことがないですが、 確かに視線はリップかそれ以下に落ちていたと思います。 気をつけてみます。