回答受付が終了しました

ID非公開

2020/11/24 10:28

77回答

デビットカードとクレジットカードの違いを教えてください。

回答(7件)

0

デビットカードは「即時払い」なので、銀行残高が無ければ決済できません。 クレジットカードは「後払い」なので、銀行残高が足りなくても決済出来てしまいます。

0

デビットカード→即時払い(使用時必ず口座にカネがあること) クレジットカード→後日払い(使用時の口座は0円でもよい)

0

[クレジットカード] 支払いは一時的にカード会社に建て替えてもらい(借金)、翌月以降に指定銀行口座などから一括振替。一括払い以外に分割払いやリボ払いができたり、契約により、ATMなどで現金を借りられる(キャッシング)ことがある。 基本高校生を除く18歳以上。 [デビットカード] 銀行口座に紐づいたカードで、口座残高内のショッピングが可能。即時引き落とし。一括のみ。一部利用できない場合あり。 クレジットカードブランドマークや番号が付いていない「キャッシュカード」で取引できる[J-Debit]という仕組みも。 口座を持っていれば、高校生以下でも発行可能。

2

デビットカードは使用したらすぐに銀行からお金が引き落とされます。あなたの銀行に貯金してあるお金をこのカードでいつでも使えますよ、というものです。 クレジットカードは使用してから一定の期間後にお金が引き落とされます。あなたの社会的地位なら一ヶ月後にはこれくらいのお金はもっているだろうと"信用"して一ヶ月だけ支払いを肩代わりしてあげますよ、というものです。 デビットカードは全財産持ち歩ける財布、 クレジットカードはカジュアルにできる借金のイメージでだいたい合ってると思います。 また、クレジットカードは対応しているがデビットカードは対応していないという場所も多いのでそこも差別点でしょうか

2人がナイス!しています

1

デビットカードとクレジットカードの違い と、検索かけるとたくさん出てきますよ。

1人がナイス!しています