免停 前歴 について質問です。 人身事故を起こしてしまい60日の免停になり講習を受けて30日経ち免許が戻ってきました。

運転免許39閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく回答いただき有難うございます。 2年前の免停ハガキは郵送したとの事でした。再送はしていない 免停手続きに行かないまま2年が過ぎ、事故により免停点数が来た時に公安委員会が過去の点数を足す事なく、事故だけの点数での免停通知を出し免停講習が終了した後に2年前の漏れだ発見したみたいです。 で、2年前の手続きをして下さいと連絡でした。 こんなミスあるのですな。前歴1で済むところが前歴2になります。

お礼日時:2020/12/2 13:10

その他の回答(2件)

0

とりあえず、「折り返しの電話」をして確認することからですね。ただかかってきた電話を信用すると、詐欺の可能性もありますし。電話番号は、言われた番号を信用せず、自力でネットや電話帳で調べましょう。 ただ、過去の30日停止処分が未処理のまま残っていた、と言うのはちょっと考えられない事態ですね。累積点数として計上されていたなら、一旦6点に達したなら期間経過に関係なく累積したままになるので、今回の人身事故?で12点以上になって、90日の停止処分になったはずです。それがカウントされずに60日で済んだと言うことは、2年前の違反の6点が計上されないままだった、と言う事ですが…。 質問者さんには、その30日停止になる6点の違反に心当たりはあるのですか?。心当たりがあるなら、60日停止の時にそれを黙っていた質問者さんにも落ち度がありますが、全く身に覚えが無いなら、弁護士を立てて争うべき事態でしょう。 基本的に、停止処分が明けた時点で、累積点数は0点に戻る運用です。ただし、今回のケースは、60日停止が明けた「後」に「6点の違反が2年前のものとして追加された」と言えますので、その点数で「新たに」30日の停止処分がされるのが自然だと考えられ、累積点数が0点に戻っているから関係ない、と言う主張は通らない可能性が高いように思います。だからこそ、先方がそれで連絡してきたんでしょうし。 停止処分者講習そのものは、期間の短縮を受けるためのものなので、受けるか受けないかは当人の任意です。受けなければフルの日数の停止になるだけです。質問者さんは既に30日間、運転できなくても困らなかったのでしょうから、更に30日間停止されても、さほどのダメージにはならないのでは?。だったら、わざわざ高額な費用をかけて停止処分者講習を受ける必要は無いでしょう。