回答受付が終了しました

ID非公開

2020/11/25 16:20

66回答

今の野球部ってぬるすぎませんか?

回答(6件)

0

ぬるいことは分かっています。 それは健康面でなく、 精神的な部分です。 水分を取ることは時代の変化からしかない。 昔とは世界環境が違うのだから。 最近の高校野球の監督の最大の問題は、 恵まれすぎた今の10代に対して、 どれだけ経験値を与えられるかです。

0

40代です、卒業後に母校は甲子園で優勝しました。あきらかに強くなりました、というか勝てるようになりました。 上級生は神です、監督はその上です、意見?なんて考えたこともありません。 水も当然に飲めません、卒業後に母校へ行くと上級生か下級生か分かりませんでした、態度などです。3年は神、2年は人間、1年はゴミです。 厳しいな地獄かと感じていた時、OBなど来ると最近の1年生はと忠告してその日は集合というな体罰が待っていました。昔はもっとえぐいと50代60代の諸先輩方はと思っていました。そうやって少しづつ変化していると思います。 では、自分たちの前後を振り返ると優勝候補でしたがあと1歩で負けていました、ではどうしたらも強くなれたのか、練習量よりも上下関係だと思います、下級生がグランド野球をする前に潰されます、今日勝てば甲子園という試合で同級生が打たれてマウンドで集まったとき、自分が伝令に行きました、すると、おい!てめえ帰ったら、、、調子乗りやがって、、、お前もだぞ、、、もう野球をしているとは思えません、塁審が聞いており試合後に、君たちは絶対に甲子園に出てはいけないと監督に注意していましたが、監督はそんなことでそうですかという人ではないので。 夏の大会も、早く負けろと下級生全員で思っていました、負けそうなときスタンドでは2年が3年を無視して問題になり、サヨナラで勝ってしまいまた帰って怒られました、流石に殴るまではありませんでしたが。 当時、3年生だけのスタメンであれば1つ2つ劣るポジションがありました、2年生でそこを補えれると思います、でもそこを野球以外で潰すのが当たり前でしたので可能性をなくしていたと。ベンチに入れるかどうかの3年生がベンチに入る2年をいじめる、これも当たり前でした。 1年生で入部して扱いで自分は秋にはベンチに入れると周りも感じていました、2学年の上でベンチに入れない先輩には、いじめられました、当時、2学年下を相手するのことはありませんでしたが、なんでお前が練習に参加でいるのか?などと毎日いびられました、まあ俗にう3年の中ではコケな人です。なのでこんなことが当たり前だった母校は勝てるわけはありませんでした、卒業後、改革をとなり1年生でものびのびして活躍していました。 娯楽だとは思いません、単純に野球だけに集中しているなと思います。 当時は野球よりまず生きることが大前提でしたので。

1

古臭い根性論がなくなり合理的になってレベルが上がってきたと思います。

1人がナイス!しています

0

昔が異常過ぎただけでしょ。 ただ、練習しないとうまくならないということは今も昔も同じです。 だから強くなりたいと思っている高校は練習していますよ。 ただ、残念なことが最近は科学的なトレーニングを導入とか、筋トレのためのトレーナーや栄養管理士さんなどの導入などを行っている所もあります。 それでも結果が出ていないところが多いようです。 筋肉隆々の子供も増えましたけど野球は下手です。野球のための筋肉は野球の練習を行うことで必要な所につきます。 ボデービルダーを作るわけではないのです。無駄な時間を使うなら1回でも多くバットを振り、1本でも多くノックを受けることで野球は上手くなります。 それを忘れて筋トレの日とか作ったり・・・。なんか残念です。

0

厳しくしたら強くなる、ぬるくしたら弱くなるというのは別問題だと思います。 実際プレーするのは監督ではありませんし、監督が昔のように暴力と恐怖でチームを統制したところで選手のパフォーマンスは良くならず、むしろ悪くなるというのが自分の意見です。 今の時代ではいかに選手が自主性とどうしたら上手くなるのかっていう意識を持ってやるのが大事な気だと思うので、練習内容や方法について話し合うことは本当にチームのためを思っての事なら先輩後輩は関係ないと思います。 タメ口は推奨しませんが、それが本人たちのコミュニケーションの取り方ならありなのかなと。 監督は、練習を恐怖を持ってしてやらせるのではなく、選手が進んで向上心を持って練習できる環境や上手くなりたいというメンタルを作ってやることがメインなのかなと思います。 実際に今も鉄拳制裁で先輩の言うことは絶対みたいなところも確実にあると思いますけど、そう言うチームが絶対強いかと言ったらそんなことないと思いますので。