なぜバイクて安いと人気が出ないのですか。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像

新車 | 中古車115閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

5

最近のバイクは高い高いと言ってる人は間違いなくオッサンです。 若者は昔のバイク価格など知るわけないのだから。 調べて知ったとしても、当時の金銭感覚と現在では違う部分も有るし、感覚的に分からないと思います。 オッサンの多くは250ccは検討してないと思います。オッサンが250に乗ってるのを外で見る事は殆どないと感じる。 結局大型バイクの価格を見てる。オッサンだから小金があるが、金持ちではないから高いバイクを見て高い高いとぼやいてるんじゃないか?と私は感じますね。 オッサンが若者の時は大型バイクは有れども乗れない世代でしたから、昔の記憶は250とか400なのです。 しかし、現在の250ccはやっぱり若者世代が選んでると感じます。 若者は見栄っ張りなのです。だから、安いバイクではなく見栄えのするかっこいいバイクを無理して乗ろうとする。 古いバイクを選ぼうというのも同じ様な感覚でしょう。 他の人と違うバイクに乗って、自己顕示欲を満たそうとしている。 そういう人は安さが売りのバイクは買わないでしょうから、無理をしてそうした高いバイクを買う人も居るでしょう。 CBR250RRやZX-25Rはそれプラス金持ってるオッサンも買っちゃおうかなって思える様な要素があるんだと思います。オッサン世代こそスペック重視時代だったのだし。 だからとりあえずそれなりに売れる。 ただし、安いバイクはカネがないけどバイクに乗りたい、信頼性を犠牲にしたくないという現実的な若者が選ぶでしょうから、意味は有ると思います。 後はあなたの挙げたモデルはスズキのブランドの弱さが有るでしょう。 フルカウルを選ぶ人は他ジャンルよりスペックを重視する気もしますし。 Vストロームはそこそこ売れてるみたいだし、日本国内だけみたら、なんとなく方向性が有るように感じますね。 ただ、バイクメーカーは海外マーケットを最重視して作ってる様に思うので、私は分からないが、あなたが売れてないという安いバイクは海外で売れてるのかもしれません。

5人がナイス!しています