ID非公開

2020/11/29 23:53

44回答

スピーカーケーブル「SAEC SPC-1000」について教えて頂きたいです。

オーディオ | 家電、AV機器30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2020/11/30 23:58

ご回答ありがとうございました。「SAEC SPC-1000」はかなり太いケーブルで見たときは正直ビックリしました。太い方が何となくいいケーブルなのかと思っていましたが、そうでもないのですね。(かなり高かったと聞きました。)しばらく「SAEC SPC-1000」で聞いてみて、それから「Zonotone 6NSP-2200A」に戻すつもりしてます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答してくださったみなさん、本当に有難うございました。 オーディオ初心者なので知らない事だらけですが、親切に回答してくださり勉強になりました。 ベストアンサーは「Zonotone 6NSP-2200A」と「SAEC SPC-1000」の比較を書いてくださったので選ばせて頂きました。

お礼日時:2020/12/1 0:05

その他の回答(3件)

0

昔、古河電線の研究員のテクニカルノートと称して、オーディオ雑誌に掲載がありました。 それによると、低域は3.5sqの平行線、中高域は2sqのカッドが良いと、測定結果まで載せてありました。しかし、それは測定器レベルの話です。 加えて秋葉原で試聴会などあるときは0.1sq塩化ビニル線200mボビン巻きと紹介したいケーブル2mで実験ですから、、、、。そして、用意されているスピーカーは15inch+ホーン、アンプはマッキンかアキュです。 ケーブルを変えて音が変わったことについて趣味ですから変化を楽しめば良いのです。ただし、良くなったか否かは別次元の話です。

ID非公開

質問者

2020/11/30 23:50

ご回答ありがとうございました。どちらの音が良いのか私には分かりませんが、違いはなんとなく分かるので、違いを楽しみたいと思います。

0

そのようにハッキリ音質の差が表れるのであれば、ケーブルの劣化と 思います。 導線自体または先端のスピーカ、アンプに接続する銅線部分の酸化による 抵抗値の増加が原因と思われます。 低音が豊かになったとのことですので、抵抗値の増加によって、スピーカ 側からみたダンピングファクターが小さくなったと思います。 音質の差がはっきり解る範囲のようですので、かなり劣化しているように 思います。

ID非公開

質問者

2020/11/30 23:55

ご回答ありがとうございました。ケーブルを変えることによって音の違いがあるのは何となく分かりました。音が柔らかくなったと言いますか、、、購入してから20年以上経ってると聞いてたので、劣化も考えられるんですね。

0

劣化していて高域がスポイルされてるんでしょうね。 電線としての導電性を考えると、 新品で信頼性がある>>>中古の高級品 となります。

ID非公開

質問者

2020/12/1 0:00

ご回答ありがとうございました。友人は20年以上使っていたと言ってました。しばらく「SAEC SPC-1000」で聞いてみて、それから「Zonotone 6NSP-2200A」に戻すつもりしてます。