今の時代って昔よりも一般入試の枠が減ってるんでしょうか?

大学受験 | 学校の悩み38閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

なんの一般入試か書いてないので、間違っているかもしれませんが、大学入試であることを前提に書きます。 結論から言いますと、減っています。というか、かなり減っています。近年創立された、大東亜帝国や摂神追桃、拓玉産大、文東立松、北星学園大学未満の大学であるいわゆる、Fランク大学が生徒を集めるため、ほぼ100%に近い割合で一般入試以外の方法で集めています。その他の私立大学も、内部進学や推薦入試、AO入試で60%くらい集めています。最近では、高校入試のときにギリギリで上位の高校に行くよりも、余裕を持って1〜2ランク下の高校に入って、その高校で上位をとり、指定校推薦で早慶に行く方が絶対いいと言われることがありますが、このためです。実際に僕の高校は偏差値70で280人いましたが、最下位やそれに近い成績の人は、多摩大学や静岡県の常葉大学に進学しました。しかし、近くの偏差値53の私立高校はある有名私立大学の付属校ということもあり、上位1割(おそらく70人くらい)は早慶、に指定校推薦で進学しました。他にも国公立大学でも特に、地方は人口流出を避けるために、地元枠の推薦入試があります。一昔前までは、考えられなかったかもしれませんが、今では、地方公立大学でも指定校推薦があるので、ものすごく悪い言い方をすれば、努力しなくても、国公立大学に行ける可能性があります。