ここから本文です

春から専門学校に行き、公認会計士を目指そうと思っている大学新2年の学生です。 ...

zur********さん

2009/2/2519:01:05

春から専門学校に行き、公認会計士を目指そうと思っている大学新2年の学生です。
将来は、30歳くらいまでは大手監査法人に勤め、その後地元に帰って独立しよう。などとプランを立てていたのですが、

「会計士の仕事はコミュニケーション能力がなければ務まらない、口べた・話下手な人は向いていない」とのことを聞き、不安になりました。また、公認会計士の増加による地位の降下や、大変さの割には収入が少ない、などの事から少し不安を抱きつつあります。「まずは受かってから心配しろ」といわれるのはわかっています。しかし、親に多額の迷惑もかけますし、時間コストやリスクも相当のものです。ある程度把握しておきたいので、助言をお願いします。

また、書店などでコミュニケーション能力の向上をうたった書籍がたくさんあり、日々のトレーニングでコミュニケーション能力が向上するとの話はよく聞き、最近実践していますがこれらについてどうお考えでしょうか?私はある程度の効果はあれど、生来持って生まれたモノのように感じて仕方がありません。コミュニケーション能力がビジネスの場において必須であるという中、少し自分の将来に不安を感じています。

多岐にわたる質問で申し訳ないですが、良いアドバイスをお願いします。

補足申し訳ありません追記です。私はコミュニケーション能力が全くないわけではなく、友達も普通にいます。ただあきらかに苦手であると思っています。

閲覧数:
1,904
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ich********さん

2009/3/208:46:10

独立して成功できると思ったら大間違いです。
コネ作りに専念しましょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sam********さん

2009/3/116:22:31

現役の会計士です。
上のかたがたとは違った視点で述べます。
私はコミュニケーション能力は会計士にとって一番重要だと思います。
理由としては、監査はチームで現場であるクライアント先に行きます。そこでは一週間朝から夜までずっと上司・先輩等と一日一緒にいます。昼食も一緒です。もちろん上司に質問するくらいのコミュニケーション能力があれば仕事には支障はありませんが、大学の先輩の上司に聞いたところ「新人は仕事が出来ないのは当然だから、かまわないけれど話しにくい人間は一緒に仕事したくない」との事です。監査チームは上司の好き好きで現場に誰を連れて行くかを決定できますので、現場責任者に好かれないとその現場には基本的に呼ばれません。そのため、私も、コミュニケーション能力はあまり高いとは思っていませんが、あまり自分の殻に閉じこもらずに、自分を出すようにして、現場ではうまく馴染んでいるように感じます。芸人のようにウケを狙う必要はありませんが、積極的に会話に参加するくらいの話術は必要です。
質問者様に、お聞きしますが、自分と馬の合わない人間と朝から深夜まで(繁忙期は24時を越えます)一緒に狭い会議室にいたいと思いますか??それと同じことです。
また、クライアントとの関係ですが、新人では、会社の方の方がはるかに知識が上です。そういったとき、自分は会計士だと鼻にかけ横柄な態度をとる新人がたまにいますが、そういった場面でも、大人としての礼節をわきまえ、節度ある行動が求められます。
また、クライアントの方と昼食行くこともありますので、雑談等のコミュニケーション能力は必須です。クライントの方は自分の祖父母と同じくらいの年齢の方もたくさんいます。また、新人でも、大企業の取締役クラスのかたがたの前で、話をする機会もあります。
さらに、会計士試験合格後、実務補習所というところに三年通いますが、こちらも泊り込み合宿等があり、人付き合いが苦手な人にとっては地獄だと思われます。
監査業務は人と話すのも一番重要な業務と私は考えます。

gap********さん

2009/2/2607:04:54

コミュニケーション能力ない会計士の方が実際おおいですよ。

2チャンネルとかが友達みたいな。

仕事をしていてわからないとこがあったら、質問をする程度ができたら大丈夫です。

客商売じゃないですので、人当たりがよく、おもしろみがあるというような水商売の

接客能力みたいなことはいりません。

ただ、独立についてですが、現在はなかなか独立するのは難しくなっています。

特に、あなたが30歳くらいになる10年後は、相当才能がないと無理でしょう。

監査法人で仕事をするのは、問題はまったくありません。さきにもいったように

ネクラな感じの人が多いですので。

hap********さん

2009/2/2521:12:01

税法の解釈は人によって様々で、その言葉の意味を受け取る側にわかりやすく伝えられるか、受け取る側の意図を上手く掴めるかはかなり大きいですね。
そういう意味では重要な部分と言えるかと思います。
体験談となりますが、会計事務所等で働くと身に染みて感じましたが、経営者クラスの人と話す事はものすごい労力を費やします。真っ当な処理で算出された税額をいかに納得して頂けるか等になると、話術って大切だなといつも思います。
自分も話し上手ではありませんが、やはり慣れもありますね。それも仕事のスキルアップだと思って上司や話術が巧みな方の話し方等は参考にしています。

書物でも、実践でも、身に付く方法であれば試してみるのも良いかと思います。
実践に関しては、先にも述べたとおり慣れる事が近道です。質問者様の実践は無駄にはならないと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる