ID非公開

2020/12/24 7:23

33回答

ヒップホップのサンプリングが盗作に当たらないのはなんでですか?

洋楽29閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

4

ヒットしてから訴えられると多額の賠償請求が来るので、ほとんどの曲は許可を取ってから発売してるね。 最近はレーベル側が権利元にスムーズに申請できるようになってるみたいだけど、たまに許可が下りずに発売延期になることもある。 作曲者名や、contains samples from~とあれば許可取得済みって事。 https://www.discogs.com/ja/Erick-Sermon-Stay-Real/release/236161 口約束してても後で態度を変えることもあるから「暗黙の了解」は無いね

4人がナイス!しています

HIPHOP業界で一番有名なのはBiz MarkieのAlone Again裁判だね。 この件では判決(Biz側の敗訴)までいった事と、その賠償や販売差し止めによる多大な損失を被った事で、配給会社は警戒するようになった。(詳細は下記) https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/43582/1/22_201-231.pdf 一方、上記にも記載があるが、サンプリングされた所が重要でなく、かつ使用が少量の場合は一括許諾料(Flat Fee)で済む場合もある。 どちらにせよ著作権への申請は必要だけど、ね。