贈与税について

税金 | 法律相談27閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

贈与税は、あくまで自身が判断して申告して納付するものです。 貴方でなく、親が贈与を受けたと思えば申告すれば良いだけです。 また、学費の返済でなくても、生活費の援助なら贈与税は発生しません。 そもそも、学費の返済なら一度に110万を超えて返す必要もない。 税金が発生しない方法で渡せば良いだけで、課税されるのは親だから、貴方が考慮すべき事です。 なお、親子兄弟などの扶養義務者が、「日常生活に必要な生活費」に関してお金を渡した場合は、贈与税は掛かりません。 これはお小遣いであっても生活に必要なものであれば贈与の対象とはなりません。 相続税法 (贈与税の非課税財産) 第二十一条の三 次に掲げる財産の価額は、贈与税の課税価格に算入しない。 一 (略) 二 扶養義務者相互間において生活費又は教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるもの