火は酸素がないと燃えないのになぜ太陽は燃えてるんですか?それとも太陽は燃えてると言わないんですか?どのような原理なんですか?

化学 | 天文、宇宙882閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

太陽は燃えてるわけじゃないんですね。 皆さんありがとうございます。

お礼日時:1/5 12:59

その他の回答(5件)

0

太陽は燃えているのではありませんよ。太陽は核融合反応で熱と光を放出しています。

1

もう答えは出てますが、太陽は核融合によって光と熱を出しています。 太陽は気体です。 太陽の核融合は水素原子核がヘリュウムの原子核に変わる事でエネルギーを出しています。 これはアインシュタインの相対性理論のE=mc二乗の式から予想された事で水素の原子核が4つ衝突するとヘリュウムの原子核に変わります。 そのヘリュウムの原子核の質量は水素4つの原子核より多少軽くなってます。 その質量の差がエネルギーに変わったんです。 E=mc二乗は重さ=エネルギーと言う意味です。 燃えると言うのは酸化の事なので太陽は正確には燃えているのではない事になります。 酸素を使った燃え方とは違う燃え方をしてるって事です。

1人がナイス!しています

3

太陽は燃えているのでは無く、核融合が起こって発熱しているし、温度が高いから光っているのです。

3人がナイス!しています