回答受付が終了しました

ID非公開

2021/1/11 12:03

44回答

新日本プロレスのプロレスのオカダさんや飯伏幸太さんは2000〜3000万円ほどする外車?で会場入りしているのをドキュメンタリーなどで写していますがあれはレンタカーですか?所有車ですか?一年の半分は東京にいない

プロレス197閲覧

1人が共感しています

回答(4件)

1

内藤哲也さんは、東京近郊での興行ならば、一人で会場入り又はメンバーも同乗させて会場入りしている様です。(愛車はトヨタ・ボキシーです。) 因みにL.I.JメンバーでもSANADAさんは東京近郊ならば別行動の様です。 (愛車はランボルギーニ・ウラカンLP610-4。インスタに載っていた車の特徴とアルミホイールの形状で判断出来る) 飯伏幸太さんも自宅から近い会場へは愛車で来ている様ですね。 バスで移動する地方巡業では勿論使用はしませんが。 (愛車はBMW i8ですね。中古では値が下落傾向です) 最後にもう一人はタイチさん。下のリンクをご覧ください。 http://www.autorumore.com/information/2018/04/03/48402 (メルセデスベンツS400・AMGライン&別注のモディファイ) 先の回答者様の通り、グッズ収入が年棒よりも上回っている場合がありますので、現金で払えるのではないでしょうか。 特に、L.I.Jはグッズ収入に関しては均等割りにしているので、SANADAさんはランボルギーニを買えるのではないでしょうか。 地方巡業ではバス移動が殆どなので(北海道と沖縄は除く。)、自家用車なんて要らないと思っている所属選手はいると思いますが、これは会社からプロレスラーで有名になればこんな外車が買えるという夢を子供達に与え、大人にもアピール出来ますね。 最後に・・ 逸材さん(棚橋さん)はマウンテンバイクですね。長年乗っていたバイクが壊れて修理が出来なくなって諦めたらしいです。 自家用車は一切非公開ですので、奥様の好みの車だと思います。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/11 17:18

グッズ収入は給料とは別で支給されているのですね

0

年収以外にもグッズ収入、テレビ収入、雑誌やスポーツの取材の収入などがありますから購入していると思いますよ。 確かに東京に買ってもほとんど地方に居ますが、プロレスラーの仕事の一つに子供に夢を見させる仕事もありますから。

2

こんにちは。 闘魂三銃士の高額年収の半分以下と言われていますから、自分で購入したのではなく「オープンエンド方式カーリース」の可能性もあります。例えば、フェラーリ812GTSは購入すると5,010万円しますが、カーリースにすれば5年間リースで5年後には残価が842万円になり、5年契約で毎月約70万円の支払いで抑えられます。オカダは4年前にレンタカーからフルオーダカスタム車488GTBを購入したと公開しました。当時の価格で3,070万円、オカダ選手曰く、フルオーダーメイドで、総額約3,600万円と話していました。本当にフルオーダーメイドかどうかは分かりませんが車体価格3,070万円で、812GTSの5,010万円から単純計算すれば、毎月約42万円とかなり安くなり何とか払えます。今の新日本で年収トップ3は棚橋・岡田・内藤だと思われますが、内藤は数年前のNHK特番で確か国産車に乗ってジムに移動しているシーンがありました。今の新日本でも闘魂三銃士や佐山タイガーの黄金時代よりも利益はかなり下です。果たして3,600万円もする車を自費で購入できるかどうか私は疑問を感じます。

2人がナイス!しています

1

オカダ選手のフェラーリは、以前はレンタルでしたけど、今乗っているのは約3000万円で購入したものですね。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/11 12:58

巡業でいない間、誰が乗ってるんですかね?