コミック1巻から単行本と電子書籍で販売していたにも関わらず、途中から電子書籍のみで販売するようになる漫画作品が出るのは何故でしょうか?

コミック | 電子書籍47閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

売れないからというシンプルで残酷な理由です。 作者への印税は本が売れた数ではなく 本の発行部数に応じて支払われます。 つまり、売れない本を刷れば、出版社は儲からないのに 作者には印税を支払わないといけないのです。 それを避ける為に紙の本の発売を取り止めるのでしょう。

0

紙媒体の単行本が出ない作品は、売り上げが悪かった(人気が低い)ものです。 ただ、完全に捨てられる程では無いので、電子書籍「だけ」は出して貰えるわけです。より成績が悪ければ、電子書籍版すら出ません。 このため、作品・作家を支援したい場合には特に1巻目や最新巻が発売された「直後(少なくとも1ヶ月以内)」に紙媒体の単行本を買い、もし書店店頭に無い場合には取り寄せして購入すると効果が大きくなります。 近年は電子書籍も実績として正しく評価される版元が増えましたが、紙媒体が重視される傾向は無くなっておらず、とりわけ紙媒体の単行本の売り上げが悪いと続刊はされなくなります。

1

一番大きな理由は単行本が売れなかったからです 聞いた話だと単行本の売上が悪いと単行本で出さず電子書籍のみに移行して下手すると連載終了させられるそうです 過去にも同じ理由で途中から電子書籍だけになった漫画作品を幾つか経験してます まだ最初から電子書籍だけの販売なら諦めが付くのですが1巻から単行本を出してるなら最後まで単行本を出して欲しいですね 特に酷いのは最終巻だけ電子書籍だった時は流石にショックでした ただ某漫画家さんがファンの嘆きを察して自主出版で最終巻の単行本を出してくれた時は嬉しかったですね 参考になれば幸いですm(_ _)m

1人がナイス!しています