回答受付が終了しました

もし郵便局で豊川信用金庫事件のようなことが起こっていたらどうなっていましたか?

郵便、宅配 | 貯金22閲覧

回答(2件)

0

豊川信金事件は、伝言ゲームの結果で破綻するという噂が広がって取り立て騒ぎになったのです。 郵便貯金は、財政投融資(公共に関わる投資・貸付)を行っていました。つまり公社債です。投資先・貸付先が行政等なので、破綻するリスクがまず少ないし、破綻しても公共財があるので回収もしやすいでしょう。 それに比べ信金は営業範囲が狭く、資産規模も郵便貯金とは次元が違います。投資先も民間が主体なので、各顧客のリスクも高いです。 実際、各金融機関は、引き出しのための現金は各地で用意されますので、取り立て騒ぎがあれば当然現金が不足します。 しかし不足するからといって、現代では各地にATMがあり、キャッシュカードで他行口座の引出も使えますので、実際に預金が引き出せない場合は少ないでしょう。 それに、財政投融資が実施されるような郵便局は街の郵便局レベルではなく、おそらく省庁や、大きな街の郵便貯金の部署です。金額も民間とは桁違いですよ。そして、長期に渡って債権回収が進むのです。それが金融です。 よって、現代ではまず起こらないでしょう。

0

質問の意図がよくわかりませんが 郵便局には多額の現金はないので 事前に予約していないのなら下ろせません ATMでやってもらいます