スキレットと、キャプテンスタッグのステンレスフライパンと、 どちらが使いやすいですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

ステンレスは絶対おすすめしません。 なぜってクッソ焦げるから。 蓄熱は良いですが火の通り悪すぎるし、油が全くもって馴染まない笑 アルミの方がすぐに温まって使いやすいですね。 あとはなんと言っても鉄やスキレット含む鋳物系が使いやすいです。 手入れもそんな面倒じゃないですよ?お湯とか水でタワシ洗いしてから、軽く拭くか空焚き少しして油塗るだけなんで。 油馴染んだ鉄はコーティングしたみたいにするすると食材が滑ります。 卵焼きのプロや中華鍋で炒めものをしている動画を一度は見たことあるかと思います。 スキレットは厚い分食材を乗せても温度が下がらないので鉄板的な使い方に向いています。肉料理とか。 フライパンとか中華鍋はスキレットより蓄熱は劣りますが軽いので振ることができます。 つまり振らないならスキレットでよいです。重いですが重いことに価値があります。 振るならフライパンですね。 中華鍋、鉄フライパン、スキレットはそれぞれ用意しておいて損はないですよ!

0

ステンレスのアウトドア用品は何故か日本では人気が低いね。海外ではメチャ人気だけど・・・・ま、それはともかく。 スキレットと言うことは「鋳鉄製」ですよね。 代わりもなにも材質が違うだけで同じ道具ですよ! 私見。 使い易さの点ではステンレスでしょう。ラフに扱っても関係ないし、高温で焼き色付くけど味になるし、激しく焦げ付くけど焦げ付きは焼き切っちゃえば手入れ完了だし。気遣いは要らん道具。 三層構造の高いステンレスパンなら、このとおりではないですけど。 一方、鋳鉄製スキレットはシーズニングから始まって、調理後の取出し、洗い、油塗りと手入れが手間になります。重い。鋳鉄製は料理が冷めていく過程で劣化(サビ)していくので調理完成後にスグに取り出す必要があります。焚き火の炭は表面内部に入り込んでいつまでも黒いし、アウトドアでは超面倒です。 それでも私は鋳鉄か鉄しか使いません。

0

代わりになるかどうかも、どちらが?という質問も 物の優劣で考えるより 何をしたいか? 何を作るか?で変わってきますよ 焼くだけなら 違いがわかりにくくもありますが 素材の違いで 焼く蒸す煮るなど鋳物は 特に直火調理で違いがわかりやすくなります