もしも平成VSゴジラシリーズの監督が金子修介氏で脚本が伊藤和典氏だったらどんな作風になっていたでしょうか?

特撮 | 日本映画12閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

「VSビオランテ」は「徳間ガメラ」のように昭和怪獣マニアのツボを押さえた内容になっていたはずで、選者に怪獣世代が多いキネ旬ベストテンなどに入っていたかもしれませんが、マニア層だけでは興行的に限界がありますから、大森一樹監督版「VSビオランテ」のように成績は思ったほど伸びなかった可能性が高く、東宝はプロデューサー主導型なので、結局「VSキングギドラ」のようなレトロ路線になっていたのではないでしょうか。 東宝は興行無視で作家の好き勝手にさせる会社ではないですから。 金子さんも元々ゴジラを撮りたがっていた方ですから、それなりにプロデューサーの意向を汲んで職人監督に徹し、未就学児ターゲットのそつない演出でまとめるようになっていったのではないかと言う気がします。