個人輸入の件です。

海外 | クレジットカード64閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

課税価格20万円以下なので、原産品申告書提出は免除です 書類にイギリス産明記さえあれば、自動的にEPA適用されるはずです

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 遅くなり申し訳ございませんでした。

お礼日時:6/23 23:17

その他の回答(4件)

0

CM INVOICEの価格や通貨で決まります あなたが人民元で払おうがポンドであろうが 払ってなかろうが関係ありません。

0

>それですと16666円オーバーしてしまうので、 ? 16666円のオーバー? 16666円をオーバー? >何十回と個人輸入していますがポンドになったのは初めてで、 何十回とは、 全てイギリスからの個人輸入で、 全て同じ生地で 全て関税率ゼロ…だったのでしょうか? それなら分からないでも有りませんが。 しかし、個人輸入が何十回で毎回国や品物が違うのでは、それは認識不足かもしれませんよね。 それに個人輸入とは言え、それが【何十回】と続けば、販売目的と取られてもおかしくありませんので、買う量や回数(短期間)によっては、関税を掛けられる可能性も有ります。 *個人で使う物なら当然無税(消費税は掛かる)ですが、それは年に数回とか量や頻度は少ないと思いますから、そんな事での判断となります。 税関に聞きました。 例えば、電子タバコと言われる中にリキット式が有り、これは現在日本には販売目的による輸入は禁止されていますが、個人消費なら輸入可能だそうです。 じゃー、個人消費と偽って輸入すれば、ネット販売や店頭販売も可能だと素人は考えますが、それを税関に直接聞いたら、"回数や量の基準が有って、それを超えたら課税される"そうです。 つまり個人消費なら、毎月に吸うタバコの量はほぼ決まっているのでそれを基準にし、それを超える量や回数なら課税対象になるそうです。 それって、生地類だって同じようなもんですよね? 毎日服1着製作しませんし、同じ柄の生地を1着分だけ輸入する事も無いでしょうし、それが何十回もとなれば、個人消費と見なされる事は無いと思いますから、16,666円の(を)オーバーするしないは関係無いと思います。 質問は€か£かだと思いますが、 ①過去に数十回イギリスから生地を個人輸入して、一度も£は無くて全て€だけだったのなら、ユーロ圏からの離脱が関係しているのでしょうね。 ②過去数十回はイギリスだけに関わらず、他の国も有ったとすれば、関税が掛からなかったのならラッキーだったかもしれません。(本当に個人消費なら当たり前ですが、量や回数が多いと調べられます) ③初めてのイギリスからなら、ショップ都合(イギリスに有る)で決まると思うと思います。(外貨獲得なら€とか) 普通一般的に、為替レートはクレジットカード会社が取引日を元に決めていると思うので、為替レートは買う側も売る側も決められないと思います。 しかし、毎日為替レートの変動を眺めていれば、円高になったタイミングを見計らって購入すれば、限り無く希望のレートで買うことも可能だと思います。 注)当事者じゃ無いので、あくまで想像ですが。

0

nex********さん 関税適用の場面での日本円への換算は、送り状に示された価格に税関が定めるレートを適用して計算されますので、カード会社の扱いは関係ないはずです。 イギリスからの輸入ならポンド建てなのはむしろ当たり前ですが、これまでは(カード会社ではなく輸入先との契約が)ユーロ建てだったのですか? ユーロ建てとポンド建てで日本円に換算したときの額が大きく異なるということはないはずです。 (例えば日本円で1万円のものを米ドル建てなら80ドルで売ったら、売ったお店が損してしまいます。) ここ数ヶ月はポンドは値上がりしていますから、↓ https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/detail/?code=GBPJPY=FX もしかしたらそのせいで円換算の価格が値上がりして、16666円を超えてしまうことはあるかもしれません。 なお、EPAによる関税免除の扱いを受けるためには、単に送り状にイギリス産とあるだけではなく、原産地証明書を取るかなり面倒くさい手続きがいるはずなので、個人輸入でその恩恵を受けるのは実際問題としては困難なようです。

0

>ポンドやユーロはカード会社によって・・・ イギリスがEU離脱したからじゃないの?