ほとほと疲れます。 昨年一年間で3回の「火災保険適用対象」の案件になりました。

保険 | 法律相談233閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

おっしゃる通りです。 約款に書いてある内容は、職業柄把握しています。 しかし、そのグレーゾーンを右に振るか左に振るかは、例えば代理店の力関係とか、保険審査担当者の判断一つでしょう。 それを、こちらサイドにいかに持って行くかを知恵を絞っても、わかりにくいのです それで、今回問い合わせているのです。 私の感としては、約款の受け止めと判断の仕方だと思っています。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どちら様も熱心なアドバイスを頂きありがとうございます。 ただ、私が問い合わせた、「保険はこうすれば降りやすいとか、ここへ相談せよ」の質問の回答は、全くありませんでした。 この中で「ベストアンサー」と言われても質問者の私には困るのですが、いろいろアドバイスなど頂いたこちら様にベストアンサーとさせて頂きます。なお、文面の書き方から、同じ方が名前を変えてご回答も頂き、これはこれで熱意も感じました。

お礼日時:1/21 23:09

その他の回答(5件)

0

同じようなことがありました。 どうにかして屁理屈をごねて払う額を減らそうとしてきましたし、 それでも話し続けて承諾しかねていたら、「無言電話」や「罵倒のような電話」がかかってきたことがありました。 担当の人間にはなんの力もなく、会社で何がなんでも払わないようにしろとでも言われているのかなと思いました。 争う価値のある補償額なら争っていたとおもいますが、泣き寝入りしました。 そういう方がおおいのでしょうね。 保険は外資に変えました。 火災保険会社とは、ロクなところではないのでしょう。

ご回答ありがとうございます。しかしひどいところですね。 外資の保険会社はどうなのでしょうか? 以前は「車の保険」にも入っていて、私が入院して家内が見舞いに来てくれた帰りに、前の大きなトラックにあたってしまいました。 トラックの人は「特に傷もないし私は構わない」として警察で被害届(事故証明)について行ってくれたそうです。 そのあと「この保険は下りない」と連絡があり、私は病院から「警察に届け、ちゃんと手続きしているのに、なぜ保険が下りないのだ」と保険会社に電話したのです。 事故担当者は「ああだこうだ」と言うので「そこまで言うなら懇意にしている**会長にこちらから連絡する」と言うと、そのあとすぐに連絡があり「あ、当然保険はおります。穏便に、穏便に」というのです。火災保険会社の会長とは個人的に懇意にしていたのですが、火災保険会社はまるで「なん癖付けて、ぼったくりみたい」にその時は思いました。

0

事故報告先は保険会社でなく加入代理店です 契約者の立場に立ち保険会社とかけあうのが仕事です

ご回答ありがとうございます。 おっしゃる通りで、事故報告を先に連絡するのは代理店です。 しかし、私の代理店(2社)だけか知りませんが、どちらも「直接保険会社と話してくれ」と言います。 前に「そちらがする仕事と違うのか」と怒ったことがあるのですが、とにかく担当者は全く知識がない。どんな資格をもっているのか知りませんが、全く知識がない。 保険会社にも「代理店は、全然勉強してないやないか。そちらはどういう条件で代理店として扱っているのか、早急に代理店を変えてくれ」と、怒ったことがあるのですが、「すみません、代理店の変更はできないのです」というのです。 あほでもわかるような内容がわからず、大事な内容事項の知識がないのです。 私は関東の保険会社代理店はどうなっているのか知りませんが、こちらの方は代理店のレベルは極めて低いです。 これは、ご回答者様に愚痴を言う話ではありませんが、そういうことなのです。

0

もしかすると、もしかするとですが・・・ >昨年一年間で3回の「火災保険適用対象」の案件 を生じさせるような方は、保険会社側で要注意人物扱いされているかもしれません。 保険金詐欺とか、疑われているのかもしれませんね。

ご回答ありがとうございます。 私の説明に大事なことを書き洩らしました。 私は某地域の一円で「不動産貸付業」をしています。 保険の対象は,私の自宅などではありません。 ここ6.7年火災保険対象の案件はなかったのですが、昨年は確率論でもありますが、3案件が出ました。 「保険会社側で要注意人物扱いされているかもしれません」 うーん、まあ、一部上場企業ではありませんので、保険会社になめられたのかもしれませんね。 昔は代理店も顧客の方向を向いていましたが、最近は保険会社の顔色ばかり窺っていますね。 どれだけ保険金を出さずに済ますかが、その審査担当者の成績でしょうね。 まあ火災保険会社の若い下っ端の社員の年収でも「1000万円」は超えますので、いかに保険を満額下ろさないかが、腕前なのでしょう。

1

お前が罹災時の保障内容を理解していないだけの話だ。

1人がナイス!しています

1

三回も請求するようなやつは 赤字だし手間かかるしいらないのが本音

1人がナイス!しています