以前に 地上デジタル放送に使われてるUHF(13〜52ch)の高い周波数帯(ハイチャンネル 35〜52ch)は低い周波数帯(ローチャンネル 13〜34ch)より光の特性にさらに近く直進すると聞きますがローチャンネルでは山岳回折、

画像
補足

アンテナの場所はサイドベースのまま動かさず上下や左右の向きを捜索高さが最高でツリー方向より若干西(5°くらい西)くらいでテレビ朝日やテレビ東京、フジテレビのレベルが2〜3に触れました。(晴れで南方面が曇り) 工事が終わってみると全民放が全く触れることなく今に至ります。

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

「21〜27chのスカイツリーをLS206TMHでむけるのとLS306で向けるにはほとんど変わらないという考えでいいのですか?」 八木アンテナはその特性上、帯域幅が広いほど利得が得にくくなります。目的周波数で誘導性を示す反射器、容量性を示す導波器が、帯域の上下端できちんと機能する長さでないといけませんが、それは平均すると最適な長さにはなりませんからね。なので、13~52chまでフルにカバーする 30 素子の LS306 と、13~34ch しかカバーしない 20 素子の LS206TMH の前方利得が 13dB でほぼ同じ、と言うのは自然な事でしょう。 写真のグラフにある利得が dBi なのか dBd なのか不明ですが、例えばアマチュア無線用の市販の八木アンテナは、狭いアマチュア無線帯だけをカバーすれば良いので、10素子程度でも 10dBi 程度の利得があります。その意味では LS206TMH にしても、20素子もあるのに 13dB 程度しか利得が無い、と言えるでしょう。しかも、LS シリーズの製品は、それぞれの素子が実質的にエレメント4本で構成されていることを考えると、帯域を広くしたために、性能がかなり落とされている、と言えるでしょう。 「実質ハイバンドの方が利得的に掴みやすいのでしょうか?」 LS シリーズはおそらく、導波器が短めであるので、高い周波数ほど高い利得を発揮できるのでしょうね。下端と上端で6dB差です。ただし、電波の伝搬損失は周波数自乗に比例するので、地デジの13chと52chでは、2.2倍ほど 52ch 側の方が損失が多くなります。2.2倍は3dB強なので、6dB の利得差の半分は、周波数が高くなることで相殺されてしまう事になります。 ところで、私は放送受信の趣味は無いのですが、大概の放送が全国でネットされている現在、わざわざ遠距離の放送波を受信しようと言うのは、地元の局では見れない番組を放送している局を狙って、の話ですよね?。だったら、ターゲットにするべき周波数は ch の単位で特定できるのではありませんか?。地デジ放送の 1ch あたりの帯域幅は 6MHz 程度しかありませんので、特定の ch 目当てなら、広帯域特性は要りません。なら、その周波数専用の八木アンテナを作ってしまえば、より少ない素子数で、より高い利得を得られるでしょう。 例えば、23ch なら中心周波数は 533MHz です。アマチュア無線の 435MHz 用のアンテナ寸法を 435/533 倍、つまり 81.6% に変更してやれば、23ch(533MHz)専用の八木アンテナになります。私なら、市販の多素子八木に頼るより、木の棒とアルミ棒で自作したアンテナを向けるでしょうね。流用できるデータはネットに色々転がっているでしょう。

この返信は削除されました