回答受付が終了しました

古い真空管ステレオの本体背後に、「FM-MPX-IN」という差込口があります。これについてネットで検索しても、良く分かりません。

オーディオ50閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

回答(4件)

0

>真空管時代にサンプリングホールドマルチプレクサなど使われていません。ほとんどがマトリクス式です。 サンプリングホールドはともかく、、、。 38K切り替え式もそれなりにありました。 参考。 http://fujisekk--ltd.eco.coocan.jp/Library/Audio/FM_Stereo.html https://web.archive.org/web/20090225053202/http://www.cgs.synth.net/tube/beam.html 他にも2球式は5極、3極複合管を使ったタイプなども、、、。 IC(PLL式)が出るまでは切り替え式もそれなりに。 (PLL式も切り替え式、MPX19T(コイル)が懐かしい。)

0

MPXはマルチプレックスの略称です。FM放送はステレオ放送ですが、モノラル放送との互換性がある方式をとっています。ステレオ放送対応用のアダプター端子です。 **** 真空管ステレオが生産された時代背景もあると思われますが、FMステレオの予定があるがその方式をどのようにするかの規格が未定だったとかステレオに分離する回路が高額な為その部分だけ後付け(アダプターとして接続)するなどで外部端子が付いていたりします。 FM-MPX-INについては特にオーディオ的(電気的)な規格はLINE-INなどの他の入力と変わらないと思われます。(実際のところは内部の回路を追わないと分からないのでCDプレーヤー等を壊さない為にも接続はしないほうがいいです。) FM-MPX-OUTはFM放送局で多重化(左右の音声を1つの電波に乗せる)した信号を復調する前の信号が出てきており、こちらの接続はその真空管ステレオの専用オプションを接続する事を前提とした信号の為、何も使えません。

素人にも分かりやすいご教示に心より感謝いたします。 「CDプレーヤー等を壊さない為にも接続はしないほうがいいです。」 ですか? 私は以前、ダイアトーンの真空管ラジオの音に魅せられて、しかし音質以外の不満ゆえに手放してしまい後悔して,再度取り戻したいと思っています。 CDプレーヤーもダメですか(汗)

2

そのステレオはFMチューナーがモノラルなのです。 FMはそのまま復調すると左右が混ぜられたモノラルの音声信号(L+R)と、左右の差信号(L-R)をキャリアで変調した信号が混ざって出ます。そのキャリアを復調してやると左右の信号差が出て、それとモノラルの信号を演算すると左右の信号ができます。 なんでこうなっているかと言うと、モノラルのFMラジオでも簡単に音声が聞けるためにL+Rの信号を放送し、複雑な回路(当時としては)を組み込める高価な装置には、演算をする回路を入れてステレオ音声が再生できるようにしたわけです。 初期はステレオ放送はAMが主だったし、回路が複雑になると高価になるので、アンプ部分とAMチューナーがステレオでも、マルチプレックス回路は外付のものが多かったのです。その端子はマルチプレクサを接続するためのものです。 ステレオからマルチプレクサに複合音声信号(L+R と 変調されたL-R)を送ると(FM-OUT)、左右の信号が戻ってきますので FM-MPX-INは普通のステレオ音声の入力として使えます。ただし、MPX-INに切り替えた時に内蔵のモノラルチューナーの音声を止めるスイッチかジャンパーがあるはずです。 ちなみに当時の信号レベルは 0.7Vが普通だったのですが、CDなどのデジタル機器は 2V程度が普通なので、MPX-INに入れるとボリュームコントロールが面倒になるかもしれません。

2人がナイス!しています

下の回答者は何もわかっていなくて、単に検索で見つけたページを貼っているだけでしょう。真空管時代にサンプリングホールドマルチプレクサなど使われていません。ほとんどがマトリクス式です。

0

むかしむかしの大昔、あるところにチューナーマニアがいましたとさ、 ソコにFMバンドという今まで体験したことのない高音質な放送が始まるとアナウンスがされ、当時最先端を行っていたTRIOのチューナーを買いました。 その時の能書きですw https://audio-heritage.jp/TRIO-KENWOOD/tuner/kt-9900.html

ありがとうございます。でもお答えは謎々です。「FM復調とステレオ復調という2つの復調過程がもっていた音質劣化の要因をクリアしたFMステレオチューナー。 ステレオ復調を改善するためサンプリングホールドMPXを採用しています。 KT-9900のサンプリングホールドMPXでは、スイッチング波形として方形波のかわりにパルス波形を採用しており、38kHzのピークだけを正確にサンプリングしています。これによりマルチ単体のセパレーションはほぼ無限にとれるようにしています。」 なんのこっちゃ?もっとストレートに答えていただきたく思います。