東海道線のアクティーという快速がありますが、昔はもっと駅を通過していた記憶があります。

鉄道、列車、駅35閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

ここまで停車駅が増えたと言っても、戸塚・早川・根府川でしょ。

0

快速アクティーの当初の停車駅は、東京・新橋・品川・川崎・横浜・大船・藤沢・茅ヶ崎・平塚・国府津・小田原・真鶴・湯河原・熱海で、基本的に上り1時間30分での運転でしたね。下りは1時間32分だったかな。 停車駅が増えた理由は、いくつか考えられますが、一つは湘南新宿ラインの運転が開始された時ですね。 湘南新宿ラインの列車は、国府津か小田原までの運転です。こちらを1本運転することで、小田原以南の普通列車が1本減ってしまったので、アクティーの小田原-熱海間を各駅に停めるようになりました。 戸塚に停車になったのは、横須賀線との乗換えの利便を図るためですね。 今度の改正でアクティーは廃止されて普通電車になるようです。