ID非公開

2021/1/15 22:12

66回答

ニコンの敗因は度重なるマウント変更ですか。 形状だけは不変のFマウントですが、Dレンズ→Gレンズ→AF-Sと仕様を変更。

1人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そうぞうするに、ニコンは偉い人が言い出すと誰も止められないんじゃないかと思います。偉い人が誰かから言われたことを過大評価し、「マウントを変えてはいかんのじゃ」みたいなことを言ったのかも。

お礼日時:1/18 21:53

その他の回答(5件)

0

Fから続くめまいがする位のレンズ群。 アクセサリ群。 合体ロボ大好きな中二病気質だと思います。

2

僕はニコンFにDマウントのレンズを使用しています。 62年間くらい前のカメラにDタイプが使用出来るのですよ。 これくらい不変だったら立派だと思いますよ。

画像

2人がナイス!しています

ニコンのGマウントは機械式の自動絞り込みですから絞りを手動式で利用出来る交換のマウントで、この様な使い方も可能になっていますよ。

画像
2

それも一部要因でしょうね。 geq********さんのおっしゃる通り >Nikonのカメラを買わない、あるいはレンズを買わないのに、 カタログやネットで情報だけ見るから複雑だとかわかりにくいと 言い出す人間がいるだけで まさにそこが、自社既存ユーザー、古株ユーザーを対象に には手厚い戦略だが、裏を返せば 新規に購入する人たちは、 ただでさえ知らない事ばかりなのに複雑な組み合わせを強いられると カタログや情報から 「複雑な事分かりたくもない」 「まだどのレンズを買えば良いかもわかっていないのに!」 「これにしようかな?あれ?使えない!」 と敬遠になったのでは? そう言う人がいる「だけ」?ではなく 新規の多くがそうだったから、 「Nikonファンだけのマウント」 になってしまった? 自社製品愛用者を大切にしようとする互換行為が 新規ユーザーへの「誤解行為」へとなった? 自社製品の長年愛用者を大切に思わない、 新規会員の獲得ばかり手厚いサービスで伸びた来た携帯各社と同様に、 マーケティング戦略として 簡素なものしか理解しようとしない世代に そぐわなかったのかも知れませんね。

2人がナイス!しています

2

基本的に「上位互換」を目指した結果、「下位互換」が保てないのは当然ということになりました。「互換性を保ちたい」が「互換性を妨げる」結果に… キャノンはFDからEFに変えたときボロクソに批判されたのにね。ユーザーとはそんなものなのでしょうね。

2人がナイス!しています

4

マウントを変えなかった事で恩恵を得られた人は多いと思うぞ。 バリエーションが複雑だ、とはいうものの、Ai化以降はほぼ新しいカメラには装着できる。 新しいレンズは古いカメラには装着できないものもあるけれど、どのみちデジタルカメラはレンズ程寿命は長くはないので、極端に古いボディに新しいレンズを買うことは少ないので影響も軽微だ。 Nikonのカメラを買わない、あるいはレンズを買わないのに、カタログやネットで情報だけ見るから複雑だとかわかりにくいと言い出す人間がいるだけで、普通に運用しながら自分の所有するカメラ目線で考えるとターゲットになる範囲のレンズはそれほど複雑でも無い。

4人がナイス!しています