ID非公開

2021/1/17 0:31

22回答

現在回転窓を採用しているハウスメーカーで建築予定なのです。

新築一戸建て | 注文住宅28閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/1/17 23:09

ご教示いただきありがとうございます。 民法上の扱いとは、イメージ的には上記の方も記載してくださっている、目隠しと同程度の認識、つまり隣家が何も言わなければ何もないといった認識でしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく教えていただきありがとうございました。

お礼日時:1/21 20:49

その他の回答(1件)

2

①、都市計画の用途地域で第一種低層住居専用地域や民法第235条で、 近隣境界線から1.00m以上の離れを求めています。また、離れがない と目隠し板を求め、第234条では外壁離れが0.50m以上としています。 ②、建築基準法第6条1項4号の専用住宅用のサッシには、扉でも突出 し扉でも壁心1.00m離れがあれば、はみ出しはしません。可能ならば、 1.20mから1.80mが望ましい形です。だが狭い日本では無理ですね。 ③、一番に大切なことは、設計の打合せも営業者との打ち合わせでも 設計施工依頼では、設計監理者や営業者は工事請負者側の代理であり、 第三者の設計監理事務所の代理人ではないので、社名入り覚え書きを 最後に必ずに書面で交わすことを後悔しないために忘れないとです。

2人がナイス!しています