回答受付が終了しました

ドラムについてです。

回答(6件)

0

スマホで録音すれば、「スマホは高音をどうしても勝手に大きく録音してしまう機械」ですので、誰でもそうなると思います。 プロの演奏でもスマホで録音・録画すれば、そうなります。 自分で小さく叩けてるとか、ベースやボーカルに聞いて「うるさくない」というならそれでいいと思います。 >バスドラやスネアを強く叩けば良いのでしょうか? 大きすぎてボーカルに嫌がられたらダメかもしれないですので、ハイハットを小さく打つ、あるいは、上から、スティックのチップだけで打つ、ということをすれば(つまり、打つ角度を変える=スティックがハットにヒットする瞬間の角度を変えるようにすれば)嫌でも音は小さくなります。

0

1)力を入れる=大きい音、脱力=小さい音、ではありません。振り幅を小さく、スティック先端のヘッドスピードを落とすことで小さい音になります。 2)ハイハットがうるさい=音が大きい、とも限りません。ハイハットだけで演奏をグルーブさせることもできます。ハイハットの表現力を高める努力をしたほうが良いかもしれません。 3)キンキンうるさいのであればダークな音色で薄目のハイハットに替えることで解決する場合があります。 4)スネア、バスドラが弱いのであればスネアはオープンリムショット、キックは逆にフェザリング(弱く叩く)の練習をしてみましょう。いざというとき大きい音が出せるようになります。

1

mpe********さん。 うるさく聞こえるのは両手足の音量バランスもありますが、音色が良くなかったり汚かったりする事が原因の場合もあります。 また、タイミングがズレてジャストじゃなかったりするとうるさく、やかましく聞こえるものです。 録音録画したものを、良く観察してみてください。 ドラムのリズムパターンを口マネする時「ドドタツ・ドッドドタツ」などと、多くの場合ハイハットの音は再現しません。 実際にも、そう聞こえる様にバランスを工夫してみては。 Ansby diddle

1人がナイス!しています

1

録音環境についてはほかの方が仰られていますので他の観点から申し上げますと、 まず力の入れ方についてはバスドラ10、スネア5、ハット1ぐらいの気持ちで叩きます。人間の耳は高い音のほうが大きく聞こえるため、ハイハットがうるさく聞こえるのは当たり前のことです。それを加味したうえでバランスよく叩けるのが上手いドラマーです。 道具を変える場合は、 スティックを細いものにすると軽くなるのでパワーが減り音量は軽減されます。 お金はかかりますが自前のハイハットを用意するのもありかと思います。スタジオに置いてあるシンバル類は、耐久性を重視して厚いものが置いてあることがあります(ROCK,HEAVY等の刻印があれば厚いタイプです)。シンバルは厚いと音量が大きくなりますので、薄いタイプのハイハットシンバルを購入して持ち込むのも手かなと思います。

1人がナイス!しています

1

普通に録音すると誰でもそうなります。

1人がナイス!しています