ID非公開

2021/1/18 18:55

99回答

今のカメラの値段は安すぎですか。 昭和時代は初任給の一年分とか言われたそうです。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:1/24 0:11

その他の回答(8件)

0

安いカメラだと今の大卒初任給半月分。高いカメラだと2ヶ月分〜4ヶ月分。レンズは広角ズームが新品で3万くらいのがあるし、かたやバズーカ砲みたいな巨大な望遠レンズは100万円以上する。国産メーカーに100万円以上のカメラは無い。80万までならある。

0

昭和40年半ばだと大卒給料1か月半ぐらいで一眼レフと50mm標準レンズが買えました。 まあ、昔のカメラは金属部品の集まりで、それもクロームメッキされて質感も高かったですよ。いかにも精密機械って感じで。 今の奴は樹脂を成形したりして造りがプラプラで安作りですね。 性能はいいけど、ビス一つに至るまで綺麗なクロームメッキされた昔のカメラとは物が違います。 樹脂の塊に名機とは呼びたくないですね。

0

昭和も初期中期末期で全然違うし、メーカーや機種次第ってのもあります。 デジタルカメラがあったって、出力できなきゃ撮ってすぐ見られる位しかメリットはない。

0

>昭和時代は初任給の一年分とか言われたそうです 言われてないと思う。そもそもが、間違ってる。 ニコンF2(1971年/昭和46年)・・・ 82,200円 1970年の大卒初任給:39,900円(現在の価値に換算すると143,568円) ニコン F4S(1988年/昭和63年)・・・239,000円 1990年 大卒初任給:169,900円(現在の価値に換算すると「156,247円」)