ID非公開

2021/1/19 16:03

2222回答

プロ競輪選手でない人がロードやクロスバイクに乗るのはOKなのに、写真家でない人が一眼レフを使うのを恥ずかしいと思う人が少なくない理由。

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(21件)

2

一眼レフを使うのが恥ずかしいのではなくでかくて持ち運びに不便が一般的な理由。 あえて使う人は、より凝った写真を撮るのに便利だから。 ピントをどこに合わせるとかシャッターや絞りを調整して思った写真に作り上げるには一眼タイプ。 あれこれ考えると、レンズがどんどん増えて行きます。 ロードバイクは、サイクルジャージが恥ずかしいと言う人が多いですね。 サドルは、痛いし慣れないと直進も難しい。 クロスバイクは、スポーツのふりをした中途半端な実用車。 結局、泥除けとスタンドを着けている人が多いです。 一眼レフもロードバイクも面倒なところが目立つので使う人は少ないです。 国内のビジネスとしてはカメラが上。 国内で自転車を作れるところはほぼないです。 逆に従来タイプのカメラはほとんど日本ブランド。 新しいジャンルは新興勢力ですが。 電動アシスト自転車は、普段から車を使っている私には無用。 車に自転車を積みますがあんな重いものは使いません。

2人がナイス!しています

1

ひとつ言えるのは 写真を撮ってる、と言いながら機材を見た目で語り、あまつさえ恥ずかしいとかなんとか言い出す人間は カメラというものの所有感を味わいたいだけで写真撮影が好きな訳では無いよ。 もしこれから更にスマホに人が流れて行って、小さくてもカメラの形をしたものを持つのが恥ずかしいと言われる時代が来たら、カメラを持つこと自体に嫌悪感持つだろうねそいつらは。 また、撮影結果云々より見た目を重視するということは、ただのファッションなりコレクションくらいにしか考えてないか、その比率が高いのだろう。 正直馬鹿馬鹿しい。 逆に、写真を趣味にしていない人なら恥ずかしいと思うのは別におかしくは無い。 そしてそういう類の他人がどう思おうが、俺には関係は無い。

1人がナイス!しています

0

>写真家でない人が一眼レフを使うのを恥ずかしいと思う人が少なくない理由。 知りませんでした。 写真家でない人は、一眼レフを使うのを恥ずかしいと思う人が多いんですね。 >生活に必要がなくて非効率なものを高額に売るビジネスで、自転車業界がカメラ業界より遥かに優れているのはなぜでしょう? こちらも知りませんでした。 一本100万円以上のレンズを使う人は、そこそこいます。 もしかして自転車は、数百万円するなど、 高級車よりも、遥かに高額なのでしょうか。

0

25万円ぐらいまでのロードバイクは マニアじゃなくても恩恵があるから これですよ レースとか出るつもりなんかなくて 中年太り解消の運動のために買う人にも このクラスまでならリニアに恩恵がある。 乗りにくいとか操作が難しいとかの デメリットも全くない。 それに対して一眼レフはマニアじゃない人には 恩恵があるどころかつまみがいっぱいで 一回も使わない機能だらけでめんどくさいだけ。