【FX】いままで機能していた裁量手法がそれ以降全く機能しなくなった経験はありますか?

外国為替、FX28閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

普通にあるでしょう。長期で勝てるかどうかはその対応にかかっています。 んとねみなさん何らかの形のチャート使ってると思います。んで、チャートってその本質はダミー関数です。相場の実態は直線的、連続的に起こっているのではなく、離散的、不連続のドットの固まりです。でもそのドットが小さく明滅が早いので直線的、連続的にみえるというTVの見え方と同じです。 そこにストーリーをつけるのは人間の脳のほうであって、TV自体は光が細かく明滅してるだけっというとこはそっくり同じです。でも実態だけがあっても私たちはそれがなんなのか理解できないので、そこから似てそうな絵を取り出してストーリーを作ってるってことです。 これは「理解する」という意味では極めて有効ですがその理解が「正しく」行われるかは全くの別問題だし、これとこれはつながってて連続的ですという実際にはない仮定をおいて絵をかくので、必ず実態と乖離するという本質的な問題を抱えています。 端的にいうといつでも有効な手法はないってことです。あなたもトレンドが発生してるときと、ボックスの動きになってるときとでは有効なテクニカルの種類が明らかに違うことは直感的にでも理解できるでしょう。 んでそれはどんなルールを作っても同じで、必ずドローダウンはおきます。それは相場自体がその構造を変化させていくからです。あるルールが儲かるとわかった時点でそのルールが有効な局面はすでにだいぶ進んでおり、稼げる時間はすでに限られてしまっているのです。そうこうしているうちに、相場の構造が揺らぎ次の局面に移行していくのです。そこではすでにルールが変わっています。 つまり今がどういう局面かがわかればすぐに有効なテクニカルを引っ張りだすことは十分可能です。でもその局面がどういう局面かを理解できるのかは全くの別問題でさらにその局面がどういうふうに変化していくかはテクニカルでは予想できないんですよ。 多くの人が相場の本質とかわかったようなようわからん表現をするのは相場自体の構造変化のことで、これを予測できないのでテクニカルにはダマシがつきものみたいないいかたになるのです。 んで相場がうまい人っていうのはテクニカルとかチャートが云々っていうより、この局面の変化を捉えるのがうまいんです☆

0

全く機能しなくなったと言うことはありませんが、ここ10年くらい で徐々に読み難くなってきたと感じることはあります。 為替の変動要因となる基本的な国際情勢などの知識もない個人投資 家が増えた事もありますが、最も大きな原因はHFのAIですね。 なぜここでその判断をする?というアホ丸出しのトレードをするの で、雑音が入ったり素直に動かず反応が鈍くなって時間が掛かった り。結局は分析した方向には行くのですが、途中でバタバタするわ 遅いわで昔に比べてやり難くなりました。 時にはHFのAIの特性を利用して儲けさせてもらう事もあります が、原理原則に沿って動いていた頃の方がやり易かったですね。

0

あります。 優位性が失われたというか、もともと優位性がない手法だった。が正解ですかね。 自分で優位性があると思い込んでいただけで、初めは運良くたまたま勝てていただけ、というのはよくある事です。 今思えばなにをそんな薄っぺらい根拠で自信満々にトレードしていたのかと昔の自分にいいたいです